70年前の戦争の謝罪は不要である!

安倍首相の70年談話をめぐり予想された通り中国・韓国は批判的でアメリカは評価した。
私は旧日本軍国主義の戦争はもはや謝罪する必要はないと考えている。その理由は以下の通りである。

(1)アメリカ占領軍の戦後改革で日本軍国主義の基盤は解体された事。
(2)日本人民も中国・韓国人民も日本軍国主義の犠牲者である事。
(3)戦後賠償問題は解決済みである事。
(4)中国・韓国の謝罪要求は政治的意図があっての事である事。

中国は現在社会帝国主義に転嫁しており、軍事的拡張主義を進めている。自分達の侵略を隠すために日本が軍国主義であるかの策動をしている。韓国は日本から戦争賠償を受け取っている事を国民に隠しており、何回も彼らはたかりゆすりをやろうとしており、これら2国の政治家は失政の矛先を「反日」で日本に向けているにすぎない事。

中国・韓国の「反日」が右翼ばねを招き、安倍右翼政権を生みだした事は明らかで、日本人はその政治的意図を見ておくべきである。
重要な事は安倍政権が日本独占資本の海外進出の、利権保護の為の戦争法制定を策動しているのであり、しかも憲法改正ではなく閣議決定と強行採決で進める愚を指摘しなければならない。

日本が平和主義を貫くには対米自立が欠かせない。アメリカの従属国を続ける限り、アメリカの戦争の手伝いをしなければならないであろう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード