汚染職場のパワハラは理系の研究所?!


昨日紹介した,ブラック企業を告発するYoutubeの話題ですが、よく聞いてみると、普通の企業ではなく、理系の研究所のような感じです。猛毒に被曝するという内容から放射能物質の除染関係かと思ってしまったが、どうやら違っているようです。

最近の理系の研究所はトラブルが多い.STAP細胞研究の不正問題は,もちろん科学倫理の面から明白な不正ですが、一方で兵庫医科大学ではハラスメントが横行している。そのことは当ブログの、「兵庫医科大学についての驚くべき反響!」「兵庫医科大学の情報提供のお願い!」の書き込みを見ても分かります。

東北大学は、若い研究者を自殺に追い込んだという理由で、ブラック企業大賞2013で特別賞を受賞しています。本来は最先端の研究を行わなければならない理系の研究所が、過去の遺物とも言える陰湿ないじめを若い研究者に行っている、汚染職場で働かせた以上、これは単なるパワハラではなく人格権侵害であり、学問の自由の侵害、安全配慮義務違反です。こんなことを許せば、日本の科学・医学の発展はありえない。

この人物が今もいじめられているのか、嫌がらせは続いているのか、どうしてこのような形で公表するに至ったのか、が気になります。もしこのブログを見たのであれば、新世紀ユニオンにに連絡して欲しいと思っています。我々なら適切な戦術を用意し、この犯罪同様の嫌がらせを中止させることも可能です。新世紀ユニオンは断固としてブラック企業を許さない姿勢で闘っています。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

大学は悪の巣窟

医学部ばかり取り上げているように思えますが,
他学部でも大学にはハラスメント好きがたくさんいます.
学生は兵隊扱いで,「頭はいらん,言うことを聞いて手を動かしてくれればいい」と断言する教授もいます.
そして結果が出なかったり,失敗すると,あっさり切り捨てる.
それが研究所でも行われています.
科学立国という言葉は,多くの犠牲の上に成り立っているのです.

日常茶飯

兵庫医大を含め、大学や研究所から
流れる下水のpH値や何やらが基準値を外れて
保健所から指導うけるのは、よくある話です。
下水は外部が調べられるから、違反がわかる。

大学や研究所の劇物・毒物等、
放射性物質の管理や、実験後の廃液、
遺伝子組み換え実験で使う大腸菌の後始末等、
杜撰な研究者は多いですよ。
こちらは違反しても、ほとんど外部にバレませんから。

化学系研究室では、小さな爆発はしょっちゅう。
試薬の扱いを理解していない教員の下で
学生が実験するから、危ない危ない。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード