介護事業のS社の解決金不払い事案のその後!

(組合員・サポーターのみなさんに御報告)
2年以上前にS社が大阪地裁で和解し、支払いを約したTさんに107万円・Mさんに105万円の解決金が全額未払いになっていました。

昨日、弁護士から相手方の弁護士から払いたい旨申入れがあったので、「支払われる可能性が出てきた」と話がありました。

ちょうど裁判所での和解金さえ支払わないブラック企業の高木社長をどう制裁するか?考えていた時だったので驚きました。なぜ今になって・・と思いネットで「K社長 詐欺師」で検索すると驚くべき内容が出てきました。

S社が、株式会社Xの専務取締役になっており、旧称号の株式会社S社は株式会社Aと変わり、Tが代表取締役に就任していました。

新たに事業を興し、支払い能力があるなら、裁判所で和解した「解決金」を真っ先に支払うべきです。しかし彼らが支払う気になったのはネット上の評判の悪さを消し去りたい、と言うのが「支払いたい」動機であるようです。

いずれにせよ制裁に踏み込む前に支払いたいという動きになったのは良いことです。それにしてもネット上のTの評判の悪さはどうしょうもありません。自業自得・身から出たさびとは言えこれだけ詐欺師呼ばわりされると新事業も破綻は免れません。

企業家は信用が第一なのに、この男はそれを知らないのでしょうか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード