安倍首相の「女性が活躍できる社会」は嘘!

安倍首相は最近事あるごとに「女性が活躍できる社会をつくる」と吹聴している。しかしその政策的な具体策が全く見えてこないのである。

女性が大学や、職場でパワハラの標的となり、次々職場から追い出されている事案は増えるばかりである。正社員の女性を退職に追い込み、派遣やパートに切り替えるため安倍政権は何をしたのか、派遣法の改悪を策し、労働法制の規制緩和で女性の非正規化を推し進めてきたではないか?

安倍政権の何処に「女性が活躍できる社会をつくる」政策があるのか?具体策が全く見えないではないか?ただの政治家の法螺話としか見えないのである。若い研究者が上司のパワハラを受け研究妨害の被害を受け続けても、司法はこれを救済することはない。政治も無視を続けている。

我々が日常的に経験しているのは、女性が職場で差別的扱いを受け、パワハラで精神的暴力を受けていてもこれを救済できる司法ではない現実がある。女性労働者が現実には差別され続け、活躍できる仕事等与えられず。使い捨ての補助的仕事しか与えられない現実がある。

安倍首相が、バカの一つ覚えのように「女性が活躍できる社会」を繰り返しても、現実の安上がりの労働力として、補助的で、使い捨ての労働力としての女性の地位が改善される訳ではない。重要なのは法律でパワハラを禁止することであり、「男女同一労働同一賃金」の原則を強制法として作ることである。

女性労働者へのパワハラ事案が増えるばかりなのを、労働相談を通じて見ていると、安倍首相は職場で女性がどのように差別的扱いを受けているかが、まるで分かっていないのである。重要なのはバカの一つ覚えのように「女性が活躍できる社会」を繰り返すことではなく、解決すべき具体策を早急に立法化することである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード