安倍首相の非民主的手法が気になる!

自民党の総裁選の立候補に野田聖子前総務会長が名乗りを上げたが、官邸の工作で推薦人になりそうな人の名簿が作られ推薦人にならないよう働きかけが行われた。このため野田氏は20人の推薦人集めができなかった。

安倍首相が無投票にこだわったのは「戦争法案」の採決が送れることが理由として言われている。しかし政治家であるなら選挙で総裁になった方が良かった。圧力をかけて立候補を妨害する行為はおよそ民主主義とかけ離れている。

私が安倍首相の政治手法を危険視するのは、彼が集団的自衛権の憲法解釈を変えるという重大なことを与党協議と閣議決定によって決めたことである。

およそ安全保障にかかわる重大なことはアメリカの例を見ても超党派協議で決めている。何でも内輪で、根回しで決めるやり方は民主主義ではないように思う。

安倍首相がNHKの会長に右翼の友人を据えマスコミをコントロールしている手法も民主的とは言えない。安倍の政治手法は裏手法、権力的、陰謀的で民主的手法とかけ離れている。

右翼政治家であるなら、なおのこと民主的手法を取るべきではないかと思う。総裁選の立候補を妨害したり、国会の議論ではなく閣議で決めるやり方、マスコミで世論誘導を図るやり方はこの人物が陰謀ずきで、権力的であることを示している。

靖国参拝や歴史見直し発言で中国や韓国を刺激し、「反日」を煽り、世論を右傾化し、「右翼ばね」で選挙に勝つ手法も売国右翼政治家らしいやり方である。こうした手法がアメリカに警戒されるゆえんで、このような人物を日本はいつまでも指導者にしておいてはいけないと思うのである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード