大学の事務方が意図的に被曝させた?!

Youtubeへの告発をしている投稿者が立て続けにアップしていた。
その内容を聞くと、ダイオキシンに汚染された部屋に2年勤務させられた後、ようやく専門家に話を聞くことができたという。

https://www.youtube.com/watch?v=lOcYt7L2uBg

その内容は、「飲食はお茶すらも禁止すべき」というものであり、これを聞いた投稿者は愕然とした。そんなこと今更言われても手遅れです。2年も汚染部屋に勤務させられているのであるから。
その後で気づいた。事務は除染の相談をしていたのであるから、当然知っていたのだろう、と。
これまで、ハラスメントとして猛毒の除染作業を装備もなしに命じられたり、汚染部屋への勤務を指示されているのはこの投稿者の上司(おそらく教授)からだと思っていました。しかし、事務方も結託していたようである。あまりに陰湿で幼稚なハラスメント体質というしかない。

しかし,これがハラスメントの深刻なところで、ある一人が被害に遭っているとそれに乗っかるように一緒にいじめが始まってしまう。「赤信号みんなで渡れば怖くない」という集団心理です。どれほど道義的にも倫理的にも間違っていても、一旦ハラスメントが始まれば集団でいじめることが快感になるのです。

しかもやっている事があくどいのに、誰も責任を取らないのが官僚的体質の特徴です。オリンピックスタジアムやエンブレムの例でもわかるように無責任が官僚の自己保身の極意のようなものなのです。違法な人権侵害であろうと集団パワハラの形を取れば自己保身は出来ると考えているのが大学のパワハラの特徴です。

この被害者の先生がこうしたパワハラの上に、今も排除攻撃を受けているようなので、この事案は社会性を持ったパワハラ事案として、今後大問題になるのは確実です。当ユニオンに寄せられた情報によれば、加害大学が京都府立大学に間違いないようなので、新世紀ユニオンはこの問題を今後も徹底的に取り上げていくこととします。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

無責任は許せない

 京都府立医大は製薬企業のため金でデータ―改ざんをし、京都府立大学は先生を猛毒で汚染された部屋に2年も入れた。その先生が体調不良を訴えているとなれば、これは傷害罪が成立するのではないですか? 責任逃れしたとしても、学長には管理責任があり、学科長など部門の責任者は責任から逃れられないでしょうね。

No title

まさにブラック大学だ。最高学府?最高愕腐だよ。最高に驚愕するほど腐ってる。そんな危険なことなら、なぜ専門業者に任せない?お金がないから?いや、それならその場所を封鎖して別所を用意すれば良いだけのこと。それさえもしないのは罹患してもかまわないという未必の故意。いや、既に確信的な故意ではないか。ハラスメントを通りこして犯罪のなにものでもない。

大学は腐敗しています

 よく大学のことを「学問の府」と言いますが、いまは「ハラスメントの府」となっています。これでは日本の経済力が2流国になるのも当然です。独法化が大学の執行部を既得利益集団に変えてしまったからです。

ブラック大学ばかり

学問の府、最高学府ってのは
ブラック大学ばかりなのかね?

報道されていた浜松医大、岡山大学だけではない。
自殺者が数名でたり、学生のアカハラ相談放置でブラック大学賞貰った東北大は、今年3月以降で三件の猥褻?容疑で逮捕者がでて、「非常事態宣言」が出されたしのう。
http://sp.yomiuri.co.jp/national/20150905-OYT1T50003.html

大学は、表にでない研究不正、不法行為、ハラスメントばかり。
労基署が取り扱ってくれれぱよいが、府立大と行政が繋がっているのじゃ、つらいわな。

是は是、非は非。きちんと大学は対応すべきだが、大学は行政も司法も味方にしとるから、やりたい放題か。



日本的ですね

「赤信号みんなで渡ればこわくない」
懐かしいですね。。。
ビートたけしの古いネタですね。
これは日本人の道徳心が低下したことを皮肉ると同時に、他人と同じことはやっても構わないんだという日本人の意識を皮肉っているものです。
事務員なんてエライさんの言うことを素直(?)に聞くものですから、上役の指示に従ってハラスメントに便乗してきたのでしょう。
もし公立大学の事務員ならお役所からの出向ですから、お上のいうことは絶対正しいという論理で、嬉々としてハラスメントに便乗したのでしょう。
第一、お役人は責任を取りませんから。
こういう点で言うと、国公立より私立大学の方が平和かもしれませんね。。。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード