陰謀的に「自己退職」に追い込む手口に注意!

仕事での些細なミスや顧客のクレームを口実に降格・減給処分にし、始末書を書かせ、今度は「反省していない」として労働者を同じ理由で懲戒解雇し、その上で「自分で退職届を出したら退職金を支払う」などとささやき、退職届の下書きまで渡された、という相談が増えています。

このように自己退職を勧告されたり、強要された人はすぐ新世紀ユニオンに相談して下さい。関西ではシャープの3000人リストラで雇用情勢が厳しく、転職が不可能な状況です、できるだけ現在の雇用を守ることが重要です。

このような懲戒解雇かそれとも自己退職かの2者択一を迫られると多くの人が100万円ほどの退職金を貰って辞めるのを選択するそうです。このような退職強要や「懲戒解雇」された場合はすぐ新世紀ユニオンに相談して下さい。

相談が早ければ早いほど雇用を守れる確率が高くなるのです。また辞めてもいいができるだけ多く金を取りたい、という方も是非相談ください。期待にこたえることができると思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード