退職を申し入れると慰謝料を請求された?

最近は、労働相談で退職を申し入れると、「使用者が辞めさせてくれない」と言う相談が増えた。
今日も、アルバイトの労働者が退職を申し入れると慰謝料を請求された、という相談がありました。
2週間前に退職を申し入れると民法では問題なく退職できます。但し期間契約(=期間の定められた雇用契約)の場合は解約を申し入れた側に慰謝料を支払う責任が生まれますので注意して下さい。

従って退職を申し入れる場合「退職届」に印鑑を押してコピーを取った上で2週間前に届ければ辞められます。この場合有休があれば、有休を2週間消化することも可能です。

経営者は辞められて困る場合はアルバイトなどでなく、1年間の期間契約にしておけばいいのです。自分は何時でも解雇にできるアルバイトにしておいて、辞めるというと「慰謝料を払え」などと言うことはできません。何時でも解雇できるアルバイトは、何時でも辞められるのであり、根拠のない慰謝料請求権は無効です。

経営者の中には1年間の期間契約で雇用しながら、「1か月前に通告すれば解雇できる」などと言って「普通解雇」する例も見られますが、期間契約の場合、契約の途中で解約する場合は慰謝料を支払うか、残りの契約期間の賃金を支払う義務が生じます。

経営者は自分がアルバイトを解雇する時は即日解雇するのに、辞めると言うと慰謝料を請求する強欲な人物が増えています。そんな企業に限って労基法違反を繰り返しています。最近は人手不足でアルバイトの時間賃金が高くなっています。辞められると困るなら世間以上の賃金を払うべきであり、姑息な嘘で退職を阻止しようなどとは考えるべきではありません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード