日常的に証拠を残して下さい!

労働相談でよくぶつかるのが入社時の雇用契約書がない。給与明細書は破り捨てた。就業規則は会社が開示してくれない。解雇事案では給与明細が必要です。銀行振り込みの場合は通帳のコピーでもかまいません。労働者なら入社してから証拠を残すことを習慣にして下さい。

解雇についてどのような証拠を集めるか
(1)労働契約に関する資料
   会社案内・雇用契約書・就業規則など

(2)解雇の意思表示の資料
   解雇通告書・懲戒処分書・解雇理由証明書など

(3)平均賃金や賞与を算出する資料
   給与明細書・給与辞令・賞与明細書・源泉徴収票など

(4)解雇理由を反論する資料
   自分の勤務成績・人事評価書・昇給昇格を示す書類・資格に関する書類・上司とのメール等

(5)経営状態を示す資料(整理解雇の場合)
   人員削減の必要性に関する書類・貸借対照表・営業計画・新規採用計画・会社の財務資料など

(6)勤務成績や能力に問題がないことの資料
   同僚・OB・得意先等から勤務態度・労働能力に関する陳述書の入手・会社の表彰状など

これらの証拠は入社と同時にコツコツと集めるようにして下さい。特に仕事で成果を挙げた時の表彰状等は能力を示す有力な証拠になります。

最近のように会社が証拠を集めさせないため即日解雇が増えている状況では、とりわけ日常的証拠集めが重要です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード