労働相談を受けていると人となりがよくわかる!

退職強要されているのに、労働相談に来て相談カードに自分の住所、会社の名前、電話番号などを記入しない人がいます。

中には複数のユニオンを訪問して一番安い組合費のところを選ぶ人もいます。「加入する」「加入する」と言いながら印鑑を持つて来ない人もいます。闘い方を聞いて知恵だけ頂こうという姑息な人も多くいいます。

中には加入書を書き、加入資料を受け取りながら「お金は振り込みます」と言いながら振り込まない詐欺師のような人もいます。書いた加入書に住所を書かない人も多い。多くは他のユニオンの偵察で有ったり、資料をかすめ取ることを狙いにしているのです。

最近こうしたいい加減な相談が7件ほど続いた。中には休日に時間を割いてくれと言うので合うと、大した事案でもなく、ただ新世紀ユニオンを見てみたかったという人を小バカにした相談もあります。

「自分はスパイのような相談ではない」と言いながら退職強要を受けている職場名を明らかにしない人もいます。自分の個人情報を明らかにできないのであれば相談に来る必要はありません。労組は団体交渉をする事ができます、つまり代理権を持っています。ですからその労組に会社のことを語っても情報漏洩にはなりません。それなのに「加入したい」と言いながら対策をだけ聞いてくる人が多いのです。ところがこちらは具体的な事が分からないと戦術は決められません。

闘い方を聞いて知恵だけ利用しようとして、何回も相談の電話をかけてくる人もいます。そんな人は雇用を守ることは難しいです。加入しないのであれば加入しない闘い方を聞けばいいのに、と思うこともあります。「加入する」と言う人には具体的闘い方は言わず、加入してから指導します。ところが姑息な人は「加入する」と言うと私が信用して闘い方を教えてくれると思うようです。

そんな訳でユニオンに加入して自分の雇用を守ろうとする人は、どの人も誠実でキチンと状況を理解して貰おうとして説明してくれます。ところがユニオンをだまして資料だけ手に入れようとしたり、知恵だけ頂こうという人は、自分の住所を正しく書かず。会社名も言わず、電話番号も明らかにしなかったり、してもつながらない場合が多いのです。

労働相談を受けているとその人が誠実な人であるか、欺瞞的な人であるかはすぐ分かります。ユニオンをだまそうとしている人は、人をうかがうような目つきをしています。そんな人がユニオンに加入しないことが分かるとホットします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード