メディカルアーク神戸校の悪辣な答弁書!

メディカルアーク神戸校を違法解雇されたAさんの労働審判で、相手方(経営会社)の答弁書が提出された。その内容たるや申立人の主張はほとんど否認し、出鱈目な主張を並べている。

例えば申立人の業務への専属性を否定するために、申立人が他の医系予備校を掛け持ちしていたかの嘘を書いている。Aさんは「時間を開けておいてくれ」と言われていたので他の仕事を掛け持ち等できるわけがないのである。

最初は「1か月前に通告したら解雇できる」と言いながら、申立人が解雇理由を書面で求めると出鱈目な懲戒解雇のような理由を並べ、あげく委託契約であるかの主張をする。申立人のAさんは相手方の「指揮監督下で労働しており、しかも業務指示への諾否の自由は無く、授業の内容は適時に報告している。

相手方は報酬が高額であるかの主張をしているが、実際には生徒の質問への回答時間は賃金は支給されない為、実際の労働時間も長く、月あたり16万円ほどの収入であった。この収入で「高額の委託契約」とはとても言えない。しかも交通費などの経費や教材は相手方が支出している。どう見ても委託契約ではない。

相手方はメディカルアーク神戸校が法人登記していないことを答弁書で認めている、これは法人税逃れの可能性がある。相手方が委託契約を偽装しているのは社会保険の支払いから逃れ、消費税の負担から逃れ、違法解雇をやるためであることは明らかだ。

メディカルアーク神戸校は答弁書の中で「申立人に債務不履行があった」として様々なでっち上げを行っでいる。証拠でさえねつ造している。例えば生徒から授業ボイコットを受けるようになったとか、授業中に生徒の批判を他の生徒にした、とか呆れるような嘘を並べている。ねつ造が手なれた感じがするのである。

これらの解雇理由は全て後付けであり、それだけの理由があったなら、なぜ事前に指導をしなかったのかという疑問が出てくる。なぜ労働審判でこのような後出しの理由が出てくるのか?このメディカルアーク神戸校の運営会社がいかに詐欺的な手法を常日頃から用いているかを、答弁書の内容が示している。

事実はオンライン授業に切り替える為にAさんを解雇したのであることは明らかで、しかも偽装委託契約でごまかしているところにメディカルアーク神戸校の悪辣さが表れている。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード