リストラに備え、事前に準備をして置くこと!

新世紀ユニオンでは、解雇・残業代・賃下げなどの事案で弁護士の着手金等35万円前後の費用(それ以外は必要ありません)がかかる関係から、100万円前後のペイしない事案については労働審判で解決し、解雇事案等数百万円の事案については、裁判で解決を目指すようにしている。

ところが最近は弁護士費用が用意できない人が増えています。その結果泣き寝入りしたりする例も多いようです。つまり現在のように、労働者がいつ解雇されるか分からない時代には、ふだんから闘争資金を貯金しておくべきであるということです。例えば解雇裁判を闘う時は雇用保険の仮受給、もしくはアルバイトでしのがねばなりません。どうしても生活資金も必要になります。

新世紀ユニオンでは、闘争資金の準備の無い人の場合、労働審判の本人申立で解決を目指すことにしています。しかし労働審判だと解決は早いですが、解決金の金額が低くなります。「備えあれば憂いなし」労働者なら常日頃から貯金をしておくべきです。

次に重要なのは、最近即日解雇が増えていることです。これは労働者に証拠を残す余裕を与えないようにするためです。現在のように雇用が大企業でも安定しない時代には、常に証拠を残す習慣を持つようにする必要があります。なぜなら裁判での勝利的和解か、それとも敗北的和解かで解決金の金額が大きく変わるからです。また証拠が充実しておれば解雇される前に雇用を潜り抜けることも可能になるからです。

企業の希望退職募集時、人員整理時、定年退職前、六十五歳までの雇用延長時、等にはどうしても企業と闘わねばならない時代です。あらかじめ証拠を残すようにしておくことが雇用を守ることにつながるのです。「備えてのち闘う」この言葉を忘れないようにふだんから準備して下さい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード