FC2ブログ

地検特捜の犯罪を身内の捜査に任せるな!

大阪地検特捜部の主任検事の、押収品のフロッピーデスクの改ざんによるでっち上げは、前代未聞の不祥事だ。
このやり方なら誰でも刑事被告人にできる。しかも大阪地検の幹部が「問題なし」と判断していたのだから組織ぐるみの隠ぺいである。逮捕された前田検事の扱った事件だけでなくほかにも証拠のねつ造があるのではないのか?
菅直人首相は、「最高検の厳正な捜査を待ちたい」と語った。とんでもないことと言わねばならない。
隠ぺい体質を持つ検察の身内の捜査を待っても、検察への国民の信頼は回復できない。この官僚の手先となった首相はそんなことも理解できないのだろうか?
他にも証拠のねつ造がないか?すべての事件を第三者で組織する調査委員会で調べるべきであり、身内の調査を待つという菅首相の態度は検察擁護でしかないのである。
しかも身内に調査させて解決できる問題ではないのである。管のやり方では官僚は納得しても国民の検察不信は解消できないであろう。
問題とすべきは、検察が事実を重視するのではなく、ねつ造しても有罪にするという態度である。これでは冤罪を大量生産することになる。すでにそうなっているのではないのか?という疑問を指摘しなければならない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

まったくそのとおり!
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード