株式会社シャンデールの事案についてのご報告!

シャンデールから65歳までの雇用延長を1年で雇止めを通告されているAさんの件で、新世紀ユニオンは以下の要求を行いました。
(1)貴社が雇止めの根拠としている就業規則と雇用延長規定を開示(=コピーを送付)すること。(2)人事評価での雇止めは改正高年法違反であり、撤回すること。
(3)雇用延長の条件を世間並みに改めること。
要約すると、以上3点の要求を12月17日付けの内容証明郵便で行いました。回答期限は1週間以内です。回答期限が短いのは高年法の立法趣旨を尊重すればいいだけの話なので、検討するような問題ではないからです。

ところが12月24日株式会社シャンデールから「検討の時間が必要であるから」1月22日までに回答する旨ファックスで連絡があった。
シャンデールは過去の事案っで、新世紀ユニオンから就業規則・退職金規程・雇用延長規定の開示を求められたが一切開示せず。労働審判での審判委員の提出要請も拒否した過去があります。この時は雇用延長はせず五百数十万円で和解しました。

今回は二度目の事案であるので新世紀ユニオンの総力を挙げて雇用延長を勝ち取る決意でいます。
シャンデールはスタイルがよくなるという高額な女性下着を、違法なねずみ講的な販売方法で売っていました。新世紀ユニオンがそのことを指摘してからは、通販での販売方式に変えています。

また以前は100%国産をキャチコピーにしていましたが、当ユニオンに中国の工場で生産していることを指摘されてからは100%国産とは言わなくなりました。しかし違法な労務管理の体質は何ら変わっていないようなので、厳しく対応する決意でいます。

今回の要求のうち(1)の就業規則と雇用延長規定をの開示はコピーを郵送すればよいだけであるのに、わざわざ回答を引き延ばしたのは、雇止めの期限までの時間稼ぎの可能性が高いので、新世紀ユニオンとしては争議宣伝を開始することとします。

この企業は65歳までの雇用延長を義務付けた高年法をまるで守る気がなく、定年まで長期に働いた人に、査定が悪い、などと違法な難癖を付けて雇止めにするなど、悪辣であるので世間に恥をかかせて違法な雇止めを撤回させなければなりません。組合員・サポーターの皆さんのご協力をお願いします。

今後は、一応シャンデールの言う今月22日まで回答を待ち、団体交渉を申し込むか、法廷での決着に持ち込むか決めることになります。過去にシャンデールは団体交渉で弁護士を立て「答えられない」を連発したことがあるので、回答の内容次第では(話し合い解決の意思が見られるか見定めて)次の段階に移行することになります。以上ご報告です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

通販?全く発表されてない所か聞いても他社で類似品だと言われてますよ?中国に工場があるとか全く知りません!この内容は真実でしょうか?ならば代理店及び購入者を騙していると言うことですね?質問等は本社にとの事で消費者センターにはしないで欲しいと言うことでした…何処に問い合わせたら良いのでしょうか…!許せません!
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード