企業経営者の劣化が目について仕方がない!

優秀な社員を、バカ社長が自分の権力を見せつけたいがために躍起になって解雇する。それも違法な2重処分で、こんな話しばかり聞くと日本の経済が衰退を続ける理由が分かる気がする。定年直前のベテラン社員をリストラすることを繰り返すバカな経営者もいる。ベテランの技能・職能の継承など考えもせず、ただ60歳からの雇用延長をやりたくないだけのバカな経営を繰り返している。

経営再建中のシャープの社員が3カ月で4692人減少し、うち数百人が自主退職だという。この結果昨年12月末でシャープの社員は4万4164人となった。減少した内多くがリストラだが、数百人の自主退職組は優秀な社員が他社に流出していると見られる。
社員が会社を見捨てる時代なのである。

シャープは2012年から再建中だが、経営陣が再建の戦略をなにも決められなかったことが悲劇を生んだ。組織力と有能な技術陣がいても、頭脳であるトップがダメなら企業の再建は難しい。しかし従業員が多すぎて潰すに潰せない状況で、産業革新機構から3000億円、銀行から1500億円の支援を新たに受けても、トップを変えないと再建は失敗すると断言できる。

日本企業は、リストラと安い人件費を求める経営ばかり繰り返して、企業本来の新技術による新しい商品開発を追求するパイオニアの精神を忘れてしまっている。リストラだけの経験しかない経営陣は無能であり、これに再建を任せるバカなことを繰り返してもダメであろう。

労働者の提案制度を採用して、新しい技術開発を基礎に新商品で勝負する日本企業は少なくなった。それはリストラ経営で社員を何人リストラしたら株が上がるか、ばかり考えているが為に、社員のアイデアを生かせなくなった日本企業の無様な姿がある。必要なのは「プロゼクトX」の精神である。

日本経済が再生するには、まずダメ経営者をこそリストラすべきである。社長が2代目3代目と代を重ねて、アホ経営者がやたら目につくのである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード