ニュースのページに大和大学の投稿を掲載しました!

新世紀ユニオン・ニュース2月号に掲載の大和大学の投稿「詐欺体質の大学モドキ」を掲載しました。その内容は資格審査に合格していない者、講義する資格を有していない者が大学を動かしていること、大学運営に関する見識を有していない者が大学幹部であることを指摘して、投稿者はこの大学が何のために作られたのか?との疑問を提起する。

教員をスカウトするにあたり、契約金をだまし、専任・任期制であるかのように見せかけて、実は大和大学の「任期制」は、「大学の任期に関する法律」の任期制ではなく、低賃金の契約雇用あるいはパート契約であった。しかもその契約内容は悪辣で、いつでも解雇できる内容にしてサイン・押印を迫る。詐欺師のような契約の仕方なのである。明らかに大学の欺瞞的な雇用契約の背後にブラック社労士がいるとしか思えない。

投稿者はこうした大学の雇用契約の悪辣さには具体的には触れてはいない、あくまでも学生のために、良い大学にしたいとの視点から問題点を告発している点を評価したい。開学したばかりなのに既に14人の先生たちが辞め、さらに多くの先生たちが逃げ出したい大学とは「泥船大学」にほかならない。それでも先生たちの改善意見を聞こうともしない指導部は、自滅路線を進むという点で北朝鮮の独裁指導者と瓜二つである。

学生達の中にはアルバイトで徹夜して通学している者もいる。学生がブラックバイトに巻き込まれていても大和大学に相談・指導するシステムはない。学生達が学ぶことができる図書館はあまりにみすぼらしい。学生が「大和大学生です、と恥ずかしくて話せない」と話すような情けない大学を開学したものには責任がある。

教育論も持たず。認識論も理解しないものが、大学を作ると「各種学校」レベルの「大学」が出来上がるのである。上意下達の官僚主義のモノ言わせぬ管理で、どのような大学を作るつもりなのか?学生を「生徒」と呼び、詰め込み教育をやり、先生たちに研究をさせない「大和大学」は最高学府とは言えない。

18歳から選挙権が与えられるようになる。モノ言わせぬ大学で自分の考えを持つ学生が生まれるだろうか?はなはだ疑問である。大学が詐欺師のような雇用契約を繰り返しながら学生達にどのような政治を教えるのか?保守政治屋の請負教育をする狙いは自民党山崎派の政治塾が狙いとでも言うのか?

学問の自由がない、研究させない大学、学生達の自冶会結成を許さない大学、先生たちの改善意見に耳を傾けない大学、民主主義を否定する独裁大学(=商業主義第一の大学)がいつまで存続できるのか?世間が注目している。その被害者が学生達であることを大和大学のトップは自覚するべきだ。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

甲南・京都府立・そして大和(みんな関西)

これだけ罪状が明白でも、とうるんですかねえ。
日本では。

今や、「学士」の称号も●●ですなあ。
戦前生まれの小生からすると、今や、教育をビジネス化しているとしか思えません。学べる環境を考えてもいないとは呆れます。

同様に、甲南大、京都府立大等のパワハラが放置される実状、たいへん遺憾に思っています。現役の若者たちは、何も行動しないのだろうか。

大和大学

大和大学もハラスメントしまくりやなあ。
教育環境も…。

そんなんで,誰がいくんやろ。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード