人は矛盾に悩み苦しみ生きていく生物だ!

一つ一つの事物はその他の事物と連携・影響している。あらゆる事物は矛盾性がありその為に事物の運動と発展が引き起こされる。

企業は利益を追求するための団体であり、労働者をリストラし、退職強要で職場から追い出していく。ユニオンの運動とはこの弱い立場の労働者の権利をいかに守るかという闘いなのである。

(株)シャンデールのように65歳までの雇用延長を嫌がり、長期に会社に貢献した労働者を使い捨てにする。使い捨てにされた労働者には年金支給開始年齢までいかに家族を含めて食いつなぐかという立場に追いつめらる。こうした労働者の雇用確保のために、シャンデールの違法な連鎖講のような販売方法や詐欺師のようなだましの手口を暴露する事が、シャンデールの違法な雇止めの体質を暴露する上で不可欠となる。

しかしシャンデールには多くの労働者が働いており、依存面を形成している。代理店契約で利益を求めて高額の出資をしている人達もいる。我々がシャンデールの違法な販売方法を暴露することでこうした人々の意に沿わない局面もできる。だが同時にシャンデールの労働者には「明日は我が身」であり雇止めに反対する労働者の闘いを支援する側面もある。

シャンデールのような違法な雇止めや、退職強要による労働者使い捨ては、連鎖講のような違法な販売方法や中国に工場があるのに100%国産を売りにし、消費者をだますような違法な体質とつながっている。従って我々が労働争議に伴う宣伝戦でシャンデールの違法性を暴露することに反感を覚える人もいるし、同時に共感して情報提供してくれる人もいる。

こうした我々の雇用を守る闘いで生ずる矛盾はある意味仕方がないことであり、その全ての責任は違法な雇止めを行ったシャンデールの経営者が負うべきものである。ところがシャンデールのオーナーは、違法な販売方法の責任は代理店やシャンデールの営業に負わせ、自分は知らなかったことで逃げる工夫をしている。彼らが販売方法でマニュアルを作成しないのは刑事責任を逃れるためである。

シャンデールで生活を維持している人全てがシャンデールの違法体質を改めるべきことを自覚することが重要なことである。高年法で企業は65歳まで雇用を維持する責任がある。ところがシャンデールは平気で雇止めしたり、雇用延長を拒否する。ユニオンが団体交渉しても弁護士が「答えられない」を連発する。結局は裁判や労働審判に持ち込むほかない。

新世紀ユニオンは合法闘争しかしない、しかし平気で違法行為を重ねるブラック企業を相手にしていると、どこかの誰かが、餃子の会社のオーナーを「仕置き」したような非合法的制裁も起きて当然と思うようになった。違法な労務管理を処罰しないザル法の労働法も問題であるが、企業の違法を野放しにしている政治もおかしい。社会的弱者は泣き寝入りすればよい、とする社会は闘いによって換えていかねばならない。矛盾は泣き寝入りでは解決せず、闘い・運動で解決していくほかはないのである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

何も変わらない…変わらない中でも良心ある者、こういう会社の体質がおかしいと感じる普通の方々は黙して語らずで去っていきますが口コミの怖さはこの方々から少しづつ伝わっていってますので、それが売り上げ減少に表れているのでは?シャンデールのサロン長さんはお客さんほど購入せずにボロボロ着てますよw買うのはノルマの月だけみたいですし女性社員も自社商品着てない会社ですね、高いからw社員感情で昇格や肩たたきの会社ってオーナー裸の王様いつまでもつのか…

とはいえ

とはいえ、現実はやり得ですからねぇ。
何もかわらないし。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード