心に傷を受けた相談者が増えてきました!

私は若いころ職場で反主流派の立場から労働運動を長く経験したことがあり、パワハラもたくさん経験しています。新世紀ユニオンを結成して労働相談を受ける中で、次第にパワハラ事案が増えてきて、相談者の心の痛みが理解できるだけに最初は親身に相談にのってきました。

しかしそうした心に傷を受けた相談者の相談を親身になって聞いていると、相談を受ける側が精神的に疲弊することになりました。夜自分が受けた過去の意地悪を思いだして、あの時はどうすべきだったかを考え出すと寝ることができなくなるのです。ある大学医学部の先生に「相談を受けている人にうつ病がうつる」ことを聞かされてからは、できるだけ相談者に同情せず、客観的に相談にのるように努めてからは、相談を受ける側が精神的に疲弊することも少なくなりました。

一番困るのは、相談者がうつ病を悪化させていて分裂症の被害妄想の傾向を見せている相談者です。こうした人は指導や警告を受け入れず。自分のいびつな考えに固執するので証拠作りや、解雇回避の指示・指導を実行せず不利な攻撃を招くことになります。

心に重い傷を受けた相談者の相談を受ける時、専門家の意見を聞きたい時があります。しかし心療内科の医師はそんな相談を嫌がり、協力を受けられないので自分なりに指導するのですが、心に重い傷を受けた人が自分のいびつな考えになぜ固執するのか?分かりません。しかしこのような事案ではまず心の病気を治療するのが先であり、精神的負担の重いパワハラの職場で働きながら闘うのは回避した方がいいようです。

企業の方は何回もウツで休職した「不良労働者」は、いじめて退職に追い込むか、罠にかけて懲戒解雇するので、こうした場合は自分から退職届を出す選択も必要です。懲戒解雇されると雇用保険が90日受けられず。また退職金も減額、もしくは無くなるので、懲戒解雇が合法的に成立する場合は懲戒解雇を避けるため、先手で退職届を出すことも有りだと考えています。但し本人がこれを受け入れるかどうかが問題ですが?

企業がパワハラが一番安上がりな解雇方法と考えているので、労働相談でうつ病で落ち込んだり、苦しむ労働者が急増しているのです。過去にうつ病になった経験のある組合員の皆さんの協力が得られないか?と考えています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

僕の知っている大阪の東の方にある精神科の病院は、でっち上げが得意で、入院しなくても良い患者を入院させていますよ。職員をいじめで鬱病にするのも得意です。凄くブラックな病院です。

IMC

いじめメンタルヘルス労働者支援センターをご利用ください。

No title

カウンセラーに相談すればどうでしょうか?
薬の処方はだせませんが。
抗うつ薬の副作用もきついから、なくても良い場合もあるでしょう。

No title

本当に鬱の人は少ないかも
しつこく、嘘が多くて、客観的にとらえらない人は
パーソナリティ障害かも。
本当に鬱の人が同じように思われて可哀想な時がある。
精神科医は簡単に鬱病と診断します。

No title

あきらめないでください。

生きていれば、良いこともある。
幸せそうに見える他人も辛いことを隠している。

確かに精神科医はあてにはならない。薬も。

あきらめです

診療内科や精神科の大学教授は
「僕も大学に雇われているサラリーマンだから」と言い、
労災申請書を書こうともしませんからね。
こんな教授に教えられた町医者が、
患者の話を聞いたり、マトモな対応をするわけがない。
医者はクスリだして、儲けることしか考えていませんよ。

鬱になったら、人生あきらめれば良い。
生きていても意味ありません。
自分は死ぬべき時期を逸したので、
くだらない人生をくだらなく生きるだけになりました。
労災認定されたので、死んでいれば遺族年金等おりたのに。
失敗したと思ってます。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード