(株)フーマワタナベの悪辣な準備書面について!

被告会社フーマワタナベの準備書面(2)を読むとますます腹が立ってきた、ので書くことにする。書面は新世紀ユニオンの委員長のブログ昨年の12月18日の内容がプリントされ得意先に送られた、として「明らかに営業妨害であり、悪辣である」という。しかし何処と何処に送られたのか?書いていない。

文章の内容はHさんが社長に残業代を請求し、就業規則の開示を求めたら懲戒解雇されたことが書いてある。別に嘘は一つとしてない。労働組合が裁判を争議として闘う場合宣伝を行うのは労組法で保障されている。裁判中にブログに書いて裁判経過を組合員・サポーター組合員・支持者等に知らせるのは違法ではない。また我々はブログの内容をリンクしたり、拡散する事に反対していない。

(株)フーマワタナベは何を持って違法解雇された原告がチラシを送付したというのか?裁判経過を知らせることがなぜ営業妨害であり、悪辣と言うのか?得意先とはどことどこの会社なのかもわからない。従って誰が出したかもわからない?誰かがブログの内容をコピーして送付したことで、フーマワタナベにどのような損害が発生したかも明らかでない。

つまり、この弁護士はフーマワタナベの社長の命ずるままにいい加減な書面を出したのである。退職金や残業代を払いたくないので違法な懲戒解雇をしておいて、しかも準備書面を出すのを遅らせて、いい加減な主張ばかりする弁護士である。準備書面(1)では「仕事中に家に帰っていた」などという何の根拠もない嘘を書いてもいる。このような悪辣なことを重ねるなら大阪弁護士会に懲戒請求も考えなければならない。

誰かが新世紀ユニオンのブログの1ページをプリントし、送付した。その事と裁判とどのような関係があるのか立証すべきだ。私が委員長のブログの昨年の12月18日のページに「宣伝戦を開始することにした」と記したのは事実であり、それは違法解雇の内容と裁判経過を組合員・サポーター組合員・支持者等に知らせることが目的である。

被告会社は「裁判外で圧力をかける」「営業妨害」「極めて悪質」と準備書面で言っているので、本日の執行委員会で討議し、ブログの内容を大々的に宣伝することも検討する。被告会社の得意先が何処か知らないので、関西の食品関係全てに送付するか検討したい。(株)フーマワタナベは新世紀ユニオンに対し慰謝料請求の訴訟をするべきだろう。我々は裁判を受けて立つ用意がある。へな猪口弁護士の裁判だ、弁護士を依頼しなくても勝てるであろう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

世間にキッチリと公表すべき。

こういった時代遅れの労働者を蹂躙する会社は世間に公表すべき。われわれ労働者は知る権利があると思う。従業員を蔑ろにするような舐めた企業は世間に晒されてきっちりとその罪を評価されるべき所である。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード