菱江ロジスティクスについての御報告!

4月6日の在日のMさんの事案の団体交渉で「沈黙の交渉」を貫いた菱江ロジスティクス株式会社の回答期限1週間が過ぎたが、未だ相手方会社から回答がありません。

新世紀ユニオンは結成16年以上がたち、多くの会社と団体交渉してきましたが「本人が組合員である証拠を見せろ」と要求した会社は初めてです。労組委員長が有印の書面(団体交渉の申し入れ書)で組合員である、と書いているのですから、組合員であることは明らかです。

しかも交渉ではパワハラは無かった、という以外は何も語らず。質問にも答えないのは初めてです。団交で違法な退職扱いについては当方の質問にも一切答えず、一切語らなかったので、3人のうち「責任者は誰か?」と聞いても沈黙。1週間以内に書面で回答してくれますか?と聞いても沈黙。

不当労働行為なので団体交渉を打ち切ると言うと、四日市支店長が話し合いで解決したい、という意味をぼそぼそと語ったが、話し合いに応じていないではないか、と切り返されてまた沈黙。

推測するに菱江ロジスティクス社長が相当愚劣な人物で、パワハラは無かったということ以外はしゃべるな、とでも言ったのでしょう。団体交渉の始めに「録音したい」と言うので交渉する意思があるのではと思ったのですが間違いでした。名古屋のブラック社労士が社員を自殺に追い込むやり方をブログに公表し、それをそっくり実践した会社だけに、何もかもが常識外れで、これでは穏便な解決は不可能です。

結局、わざわざ団体交渉したのに未だに、菱江ロジスティクス側の交渉窓口が誰であるのか、さえ当方には分かりません。団体交渉の場には本社の部長もいたのですが、自分が代表者だ、とは言いませんでした。こんな無様な会社だからパワハラをやりまくり、恥知らずな人権侵害行為を重ねても何とも思わないのです。

ふつう団体交渉に弁護士が出てくると「裁判をやれ」と言うので分かりやすいのですが?今回は代理人もおらず、団体交渉の窓口責任者も誰か分からず。話し合い解決したいのか、したくないのかも分からないのは初めてです。

新世紀ユニオンでは話し合いで円満に解決した場合は、関係するブログを全て消すようにしています。しかし裁判闘争に移行した場合は、ユニオンは被告でも原告でもないので関係ブログは消さない対応をしています。訴訟費用を考慮した場合話し合い解決が双方にとって一番安上がりなのですが、相手にその意思がないのでは仕方がありません。菱江ロジスティクスが三菱ガスという一流会社の子会社だと言うので、話し合い解決が可能と判断したのが間違いでした。以上組合員のみなさんにご報告いたします。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード