熊本の大地震で南海トラフが動くかも?

昨日夜の熊本の大地震で多くの被害が出ています。先日の三重県沖の地震の時、九州付近の地震が南海地震を早める可能性がある、と学者が語っていました。

南海地震の可能性が近づいているように思います。食糧・水・電池等非常持ち出し袋を準備しておく必要があるように思います。

大地震と言うのはいつ起きるか分かりませんが、備えがあるのとないのとでは心構えが違ってきます。

東京と比べ、大阪は行政の準備が遅れています。はっきり言って維新の知事・市長は南海地震に対し、なにも準備していません。それだけに個人でできるだけ準備しておくべきです。

特にプレート型地震はあまりにも巨大な津波を伴います。人間は逃げるしか命を守るすべがありません。準備しておくことで家族の心構えができます。

リストラとの闘いでも備えがあるのとないのとでは雲泥の差があります。何事も備えが大切だと言うことを肝に銘じる必要があります。

東京の直下型地震、東海地震・南海地震の時が早まると見ておくべきだと私は思います。考えてみると、災害列島と言われる日本は、世界の3分の1ぐらいの大地震が発生します、この大地震が日本人の危機に対しての沈着冷静な助け合いの精神を育んだのだと思います。

プレート型大地震の場合は、備えて命を守る可能性を高めるしか自分たちにできる策はありません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード