菱江ロジスティクスの事案の経過報告!

名古屋のブラック社労士が労働者をパワハラで自殺に追い込む手法を公開し、恥知らずにもそれを実践に移したブラック企業=菱江ロジスティクスの事案について、4月6日に団体交渉を行いましたが、パワハラは無かった、と言う以外は沈黙を貫いた会社側は「代表者は誰か?」と言う質問にも回答しなかった、やむなくユニオンとして菱江ロジスティクス社長に4月14日付けで「質問書」(内容証明郵便)を送りました。

本日管理部長名で回答書が来ました。
(1)(2)「話し合う用意はある」が「パワハラ、不当な解雇があった等とする事実と異なる主張を前提とする解決に応じることはない」こと。

(3)パワハラの相談窓口の規則・規定の開示には回答なし。

(4)一時金の違法な全額相殺等で経済的に干し上げ、退職扱いにした件は「協定に基づき実施した」との回答で意味不明。
(5)団体交渉の誠実義務違反の不当労働行為について謝罪する意思はあるか?との問いには「承服しかねる」M氏への安全配慮義務違反についても「犯した事実はございません」

との回答がありました。話し合いの窓口として管理部長を指定してきたが、解決の意思がないものとの交渉はありえず。穏便な解決は不可能となりました。

法廷闘争は避けられなくなりました。今後着手金カンパの呼びかけを行い、また人権擁護委員会への救済申し立てを予定しています。また親会社への抗議活動を行う予定です。ブラック企業は恥知らずな社長の、許しがたい違法行為を明らかにして、その社会的責任を追及しなければなりません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

あほな経営者

 委員長が何回も話し合い解決の道を示しても、相手が強欲なので通じないですね。ブラックな経営者は自分の汚い目で相手を見るので和解は無理です。

 話し合い解決すれば、事案はなかったことになるのでパワハラの事実にこだわる必要がないのですが、そこが理解できないようです。

 実際は裁判にするより話し合い解決が安くつくのですが、それが理解できない相手です。恥を世間意さらしても恥知らずにはどうでもいいのです。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード