無理やり辞めさせ、新たに雇用すると多額の助成金が!!

日本には企業に対する手厚い助成金制度がある。私の知り合いの方が事業を起こし5人の従業員を新たに雇用したら、政府から助成金が年300万円3年間支給されたという。

本来ケアを事業目的にする訪問介護や病院などでいじめが多く、退職に追い込まれる看護士が多いのは、経営者が自己退職に追い込み、新たに人を雇うことで多額の政府助成金を獲得しょうとしているのである。

雇用調整助成金の予算(概算要求)は平成25年度で1950億円で、他に労働移動支援助成金がある。安倍政権が新たに何十万人の雇用が生まれた、という綺麗ごとの背後に、同数の嫌がらせによる退職強要があることを忘れてはいけない。

ある訪問看護の経営者は、訪問看護の患者数に比べ、雇用している看護師の数が多い会社もある。次々雇用し、その後パートなど非正規に切り替えて多額の助成金を手にしているのである。雇用を新たに増やしても非正規なら出来高賃金なので負担よりも助成金が多いのである。

大学の講師が次々解雇されたり、病院の看護士が次々嫌がらせで退職に追い込まれる背後には政府の助成金制度があることを指摘しなければならない。普通の会社でも嫌がらせで自己退職に追い込む手法が増えている。退職届をかけ、書かないと懲戒解雇すると脅す企業が非常に多いのは、動機として政府助成金狙いが隠されているのである。自己退職と懲戒解雇なら助成金は引き続き支給されるからである。

こうして日本社会にパワハラが蔓延する事になる。この大人社会の汚さが、子供の社会に反映して子供のいじめまでもが増加することになる。日本の労働者の中にうつ病患者が増え社会的経費が増加しているのも企業経営者の強欲と、それに答える政府の補助金ばら撒き政治が影響している。結果日本の社会がハラスメント社会になり日々劣化しているのである。まさに亡国の政府助成金制度と言う他ない。

本来は、雇用を増やすための助成金制度が、嫌がらせでうつ病患者を増やす結果となっているのであるから、政府はこのさい企業への助成金制度を全廃し、欧州のように労働者に直接助成するようにすべきである。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大阪の東の方にも、スペシャルでブラックな病院があります。利用者や関連機関が知れば、潰れますね。かなりやばいです。

No title

大和大学、怖い大学ですね。うちの子どもは、受験を 考えていましたが 結局、別の大学を受験しました。行かなくて、本当に良かったです。

No title

上ヶ原病院のことですね。

どの大学も

どの大学も似たような状況ですな。
まあ、大学だけでなく
企業も病院も同じでしょうが。

日本⚪ね❗
と願いたくなるのは
保育園だけではありませんな。

大和大学も補助金が狙いか?

 大和大学は開学1年目に16人、2年目に20人くらい先生たちが退職しています。

 これは助成金狙いで意識的にやめるようにしている結果だと思います。

 聞くところによると大学側は辞めようとする先生たちを慰留もしないで、次々嫌がらせでやめさせているとか?

 まさに大和はブラック企業です。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード