拝啓 安倍首相 殿 マタハラ防止を口先だけで終わらせないために!

私が今回、首相にお手紙を出す決意をしたのはあるマタハラ事案について「女性が活躍する社会」を度々語っておられる安倍首相に現状の酷さを理解してほしいからです。

A子さんは大阪の(株)ナニワ計算センターというIT企業で働いていた1児のお母さんでした。Aさんが妊娠したことを上司に伝えると、上司は「おめでとう!」と祝ってくれたのですが、4日後社長のパワハラが始まり、「仕事ができないなら退職届を出せ」と連日計11回も怒鳴りつけられ、A子さんは結果重いうつ病になり会社を休み療養することになりました。

昨年末の労災申請に当たっては主侍医が社長のパワハラが原因であることを書いてくれましたが、つい最近、労災は却下されました。会社がパワハラはなかったと主張していることを労働基準監督署が重視したからです。うつ病になってなにもする気が起きない人に録音で証拠を固めることなど不可能です。うつ病になったパワハラの被害者を始めから診察した医師以外に証明は出来ないのです。職場で多くの同僚が社長のパワハラを聞いていても証人になれるわけがありません。

こうしてマタハラの労災認定の段階でそのほとんどが却下になっていることは深刻な事実なのです。安倍首相は「マタニティーハラスメントを防止するため法整備も検討する」と度々語っておられますが、今必要なのはマタハラで重いうつ病になった被害者の労災認定による救済なのです。必要なのは法整備ではなく、労災認定の不当極まる「審査」を改善することです。主侍医の証明でなぜマタハラが労災認定できないのか?私には理解出来ません。必要なのは法整備ではなく、労災の認定作業の正常化です。これを正さないと女性の泣き寝入りは増えるばかりです。

労災認定は全国各地と比べ大阪の認定率が断然低く、大阪では宝くじに当たるより難しい現実があります。労災認定に携わる人達は、まるで安倍首相の「女性が活躍できる社会」を虚仮にするかのごとくマタハラ事案の労災申請を却下しているのです。私達には首相の「女性が活躍できる社会」「一億総活躍社会」がまるでたちの悪いブラックジョークに聞こえるのです。事実働く女性たちは安倍首相を「口先だけの男」と呼んでいます。

Aさんは、今年1月妊娠高血圧症で入院し、2カ月も早く誘発分娩しました。赤ちゃんは長く新生児集中治療室に入れられることになりました。マタハラによるうつ病が影響したものです。安倍首相は昨年以来たびたび「マタニティーハラスメントの根絶」を語っていますが、その為になにが必要かまるでわかっていないように私には見えるのです。首相が「口先だけの男」にならない為には、大阪のナニワ計算センターのマタハラ事案の労災認定却下の調査を厚生労働大臣にお命じ下さい。労働基準監督署が事務的手段で労災認定を却下し続けるシステムの改善がマタハラ防止には緊急に必要なことです。

なお私は新世紀ユニオン執行委員長の角野 守(かどのまもる)と申します。 敬具
  上記文章は内閣府・自民党等に送付しました。                                        (拡散希望)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

行動を起こす事が大事なのです。最初から諦めていたら、何も始まりません。そう言う考え方が、日本をダメにするのです。委員長の行動は、 賞賛すべき行動です。私も委員長と共に、安倍首相にお願いします。

残念ですが

残念ですが、何も変わらないと思います。
様々な業種でのマタハラ、パワハラ事案をはじめ、
自動車関係企業の不正、大学や研究所の研究不正、知事や政治家の金銭関係等の問題、保育園等の待機児童問題、医療機関の診療報酬や薬の使い回し、医療過誤問題等々、
どれをとっても結局は権威、権力側が儲けるように、守られるようにというシステム、構造になっています。

権力側の人間は既得権を守るだけ。
労働者はその場しのぎでも自分が得すればいいか、(考えるレベルが下がっているので)何もできない。
社会全体の劣化の向きを変えられたであろう変曲点は
つくられなかったと思います。
手遅れ。どうにもならないでしょう。

労基署が労災認定しても、裁判所が否定した事案もある。
結局、国はパワハラ、マタハラは認めたくないのです。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード