ブラック企業対策は裁判で闘うのが最良!

以前は団体交渉で解雇を撤回できた事もあったのだが、大阪はブラック社労士が多く、最近は団体交渉での解決がほとんど難しくなった。団交では弁護士や社労士が「答えられない」「聞きおく」を繰り返し、就業規則でさえ公開しない。従業員代表は誰か聞いても答えず。せっかくの交渉を無駄にする。明らかな誠実交渉義務違反だし。社労士は代理権を行使できないのに、社労士が団体交渉を取り仕切る。

こうした企業とは交渉を重ねても話し合いで解決する気はなく、新世紀ユニオンでは裁判で解決するようにしている。裁判ならブラック社労士も出てこれないし、事前に証拠をそろえていれば勝利的和解が可能である。新世紀ユニオンでは話し合い解決だと3分の1金額で解決できるが、裁判ではその3倍以上取ることにしている。

ユニオンによればブラック社労士・弁護士が出てくると怒鳴りあげて、交渉を潰し、そのような団交を繰り返して会社に負担をかける事を戦術にしているユニオンもあるが、それでも譲歩しない相手には手の打ちようが無くなる。

裁判なら、資本金何百億円の大企業であっても、一労働者と対等の法律関係なので証拠さえあれば簡単に勝利的和解が可能である。そこで新世紀ユニオンではまず万全の証拠をそろえて、しかる後に交渉し、相手に話し合い解決の意思がない場合に裁判で決着をつけるようにしている。特に最近のようにブラック社労士が違法行為をグラック企業に指導する下では、裁判で会社に出費を強いることが効果がある。

ところが最近は他のユニオンに裏切られた、という相談が多く、聞くとダメユニオンは証拠も取らず、すぐに団体交渉を申し込み、交渉が進展しないと投げ出したり、酷いのになると裏金を受け取って団交すらやらない裏切りのユニオンまである。裁判上の勝利的和解に持ち込むノウハウがないのでわずかな裏金で労働者を裏切るのである。証拠も集めずにすぐ団体交渉を申し込むユニオンには警戒した方がいい。

ブラック企業を裁判で一つ一つ痛い目に合わせ、同時にユニオンのホームページでその正体を暴露して世間に恥をかかせるようにするのが最も効果的なのである。話し合い解決が企業には最も効果的で安上がりなのに、わざわざブラック社労士を使い不当労働行為をするのか?我々には本当に理解出来ない事である。新世紀ユニオンは裁判では話し合い解決の3倍以上取るようにしている。ところがその3倍以上支払いたい企業が多く、本当に不思議なことだと考えている。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

今日も委員長の日記を見て、『そうだそうだ』と拍手を送りました。大いに支払って頂きましょう。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード