社労士の代理権行使が「処分に至らない」?

本日朝、大阪社労士会の田中さんという方から電話連絡があり、厚労省から社労士連合会に指導があり、連合会から大坂社労士会に懲戒請求にはキチンと経緯を申立人に伝えるように指導があった旨連絡がありました。それによると大阪社労士会は本人を呼び調査をしたうえ、山下義弘社労士については「処分にいたらない」と決定した旨連絡がありました。

新世紀ユニオンは調査を受けていません。本人の言い訳を信じたようです。山下義弘は録音向けの欺瞞的答弁をしているのに大阪社労士会はすっかり騙されたか、もしくは大阪社労士会が弁護士法違反を奨励しているかのいずれかです。私は大阪社労士会に報告は書面で行うよう求めました。すると田中氏は「答えられない」と答えました。

聞くところによると、大阪社労士会は弁護士の領域を、将来自分たちの仕事にしようと構想を持っており、団体交渉の代理交渉の既成事実を作ることを多いに奨励しており、将来は労働審判も社労士が代理できるようにする構想だということです。

社労士が企業経営者に違法行為を指導し、大阪のブラック企業が増え続け、いまや団体交渉では何も解決できない事態となっています。社労士が法律に基づく指導を行うか、それとも違法行為を指導するかは大きな違いであり、悪貨が良貨を駆逐するように、大阪の社労士は違法行為を売りにするブラック社労士が幅を利かすようになっています。

大阪になぜブラック企業が多いのか、それは裏で違法行為を指導するブラック社労士の存在があることを指摘しなければなりません。法律を守る立場から企業を指導する社労士を増やすには、弁護士法違反・不当労働行為のブラック社労士を処分し、指導し、社労士会が毅然とした指導的立場を示すことしかないと考えます。ところが大阪社労士会は団体として、社労士に団体交渉をやらせ、弁護士の領域を侵す既成事実作りをしている。その結果がブラック社労士を増やすこととなっています。反省を求めたい。

我われの経験では社労士の社会的役割が企業の違法行為の指導にあったと、結果は示しています。ところが「社会保険労務士法」の第1条(目的)は「労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与する」事が定められています。目的と結果が真逆の結果になっている事を指摘しなければなりません。誰が見ても弁護士法違反の代理権行使の社労士が処分されないということは、悪貨が良貨を駆逐する法則と同じでブラック社労士が順法意識を持つ社労士を駆逐している不当を指摘しなければなりません。
大阪のブラック企業数が全国の2割以上を占めるのは、理由があるということです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

愛知は、社労士のみならず、弁護士も金儲け主義の、ブラック弁護士がはびこっています。ホームページに騙されてはいけません。

大阪社労士会は、腐敗の極みですか。愛知に留まらず、他県でも社労士法違反への懲戒請求に、1ヵ月位で処分決定していましたよ。

No title

組合をなめてるんか。全国の労組を敵に回すぞ。

No title

こんな事、絶対に許してはいけません。とことん、追及し、改めさせなければなりません。

No title

『一社労士』さんの様に、問題意識を持っておられる社労士さんがおられる事を知り、安心しました。どうか頑張って、腐敗しきった大阪社労士会を根本から建て直して欲しいと思います。

No title

『正義はないのか』さんの言う通りだ。大阪社労士会に、存続する価値などない。『誇り』『正義感』『倫理観』など、微塵も感じられない。即刻解散するべきだ。恥を知れ。

自浄能力はありません

 大阪社労士会は腐っています。幹部が無能で自浄能力は皆無です。

 社労士は経営者に、より儲かる方法を聞かれます。ですから法律を守る社労士は仕事にありつけないのです。

 「悪貨は良貨を駆逐する」というのは事実で、社労士も同じです。

No title

角野委員長頑張れー。新世紀ユニオン頑張れー。厚生省頑張れー。弁護士会頑張れー。ブラック社労士消えちまえー。。

No title

娘は大阪の社労士とは、絶対に結婚させへん。

No title

マジで新聞に載せて貰って、テレビで取り上げて貰ったら如何でしょうか。名古屋のブラック社労士、めちゃくちゃ叩かれていましたよ。

No title

大阪社労士会は、最低な人間の集まりですね。社労士は、労働者の味方なんだと思っていました。まるでハイエナですね。悪魔ですね。良い新聞記者さん知っているので、紹介しましょうか。名指しで載せてもらいましょう。

矛盾利用ですね!

 大阪弁護士会と大阪社労士会の矛盾を利用して、社労士会の弁護士法違反を追及する。

 大阪社労士会の団交での違法な代理権行使の既成事実を追及するのですね。さすがです。

No title

>大阪社労士会は弁護士の領域を、将来自分たちの仕事にしようと構想を持っており、

別に弁護士の仕事をとろうとするのは、構わないが、
資格職でありながら正義はあるのか?と問いたい。

助成金獲得のための解雇など人権無視に不当な手法でしか
収益を上げれない組織など、存続する価値などない。

社労士としての誇りはないのでしょうかね。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード