安倍の「同一労働同一賃金」の欺瞞!

小泉改革を引き継いだ安倍政権は、「多様な働き方」「労働の流動化」と称して労働法制の規制緩和を進め、労働の非正規化を推進した。その結果日本における分配率は劇的に低下し、消費購買力の傾向的低下が日本経済の縮小再生産を長期に持続する事態を引き起こした。もちろん財界が推進した労組の家畜化が賃金の低下をさらに推進したのである。

こうして日本経済がデフレを脱するには労働者への分配率を劇的に上げる事が必要となる。安倍政権が3年に渡り春闘での賃上げを財界に要請したのには理由があったのだが。それでも実質賃金はなおも下がり続ける事となった。

そこで安倍政権は「同一労働同一賃金」を掲げ、最低賃金を1000円まで上げる政策を「一億総活躍社会」のスローガンを持ち出し社会政策的にデフレを解決しようとしているのだが、労組の家畜化の下ではこの政策は限界があり、必ず失敗する。それが分かっていて掲げるのは、目前に参院選挙があるからである。つまり安倍政権の「同一労働同一賃金」は欺瞞であり、主要には選挙対策であることを指摘しなければならない。

だいたい「残業代ゼロ法案」の立法化を画策する政権が、新世紀ユニオンが掲げていた「同一労働同一賃金」のスローガンを掲げること自体が矛盾であり、欺瞞なのだ。新世紀ユニオンは「同一労働同一賃金」のスローガンと共に「非正規雇用の廃止」「最低賃金を欧州並みの1200円にせよ」を掲げていたし、同時に家畜労組化を止めるよう求め、また低賃金の外国人労働力の解禁にも反対していた。マネをするなら一部分で無く、セットでマネてほしい。

日本経済のデフレは、労組の家畜化を止めない限り不可能なのだが、しかし社会政策的対応でデフレを緩和することは出来る。しかし現状では安倍のやり方では労働分配率を回復することは出来ない。そもそもGHQの「戦後労働改革」の経済的意義を財界が理解していたら、自分で自分の首を絞める労組の家畜化等はしなかったであろう。安倍右翼政権が「同一労働同一賃金」(=新世紀ユニオンのスローガン)を掲げざるを得ないところに日本資本主義のデフレの深刻さを見て取ることができる。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうです。セットで真似をしろ。セコい。安倍の推薦した東京都知事もセコ過ぎ。クレヨンしんちゃん位自分で買いなさい。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード