パワハラは本当に会社も人もダメにする!

新世紀ユニオンには膨大なパワハラ事案が相談に持ち込まれます。そうすると次第に見えてくるものがあります。

日本企業はずっと終身雇用制でした、ところが規制緩和で派遣やパートの非正規化が進み、期間契約の雇用までできると、能力主義が導入され、その評価が恣意的な、意図的・主観的な評価になり、デマや中傷が振りまかれ、嘘つきや詐欺師のような者が出世をするようになります。

パワハラを容認している会社の特徴は、パワハラの相談窓口が無く、上司が権力を振り回し、デマに騙されゴマスリを出世させるようになります。詐欺師のような人物が出世するようになると横領や収賄が増え会社が腐敗してきます。このような職場では真面目に働いていた人が精神的に疲弊し、やがてやる気をなくしていきます。

パワハラを放置すると本当に会社がダメになり、人もダメになるのです。会社の上司が有能だとデマや中傷をゆるさず、詐欺師のような人物は次第にいずらくなっていくので、職場に活力があり、社員のやる気を引き出すので会社も利益を上げていくようになります。

しかし経営者も2代目3代目になり、愚劣で権力的な無能の息子が社長になると、ゴマスリの取り巻きたちが自分の言いなりにならない人をデマ・中傷で追い落とすようになり、パワハラが横行するようになります。パワハラは労働の質を「奴隷労働」にしていくのです。

このような会社では標的になった人は口もきいてもらえず。情報を封鎖され、仕事を取り上げられ、掃除ばかりやらせ、今度は「仕事に応じた賃金にする」と大幅な賃下げをしてきます。デマや中傷を振りまくことで見せしめにし、自分の地位を固めるような事を許すと、職場がバラバラになり、面従腹背の人が増えていきます。このような職場は野心家のゴマスリがのさばり、やがて会社をダメにしていくのです。

現在のように就職難になると、パワハラに我慢しながら仕事を続けることになり、その結果頭髪が白くなり、ストレスでうつ病が増えていきます。パワハラは会社も人もダメにするのです。こうした職場で標的になり、見せしめの対象になると、いつか決意して闘わねばならなくなります。攻撃の対象になることを「自己責任」として片づけられる問題ではないのです。

特に日本のように解雇がしにくい法制度の下では、嫌がらせで自己退職に追い込むことが広がってきます。「自己責任」とは負け犬のようにシッポを巻いて逃げる人の言い草にしかなりません。問われているのは管理責任なのです。昔の武士のように腹を切って「自己責任」を果たす時代ではありません。そもそも賃金奴隷のぺーぺー(平社員)に責任など始めから与えられてはいないのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

逃げない

なぜパワハラを禁止し、罰する法律はいつまでも出来ないのでしょうか?誰にとって都合の悪い法律なのでしょうか?パワハラは人の尊厳を根底から否定する下劣な行為だと思います。それゆえ「自己責任」で私は戦います。そして必ず勝ちます。

No title

あぢさいさんへ。私も同じ境遇です。前の前のコメントを見て頂ければ幸いです。私もあぢさいさんの理解者・応援団の一人です。

勇気

委員長,ありがとうございます。
すこし勇気が戻ってきました。
世の中には,理解者(=弱者の味方)もいはるゆうことですね。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード