最近労働相談が増えた理由が分かりました!

昨日も「自分の旦那の5月分の給料が14万円しか無い」との相談が有りました。このかた「そちらは労働相談ですか?」と言います。ですから「こちらは新世紀ユニオンです」と言って「どちらでこちらの電話番号を聞きましたか?」と聞くと、ある市の相談窓口で電話番号を教えられた、と言います。そんな相談が日に3件来る時もあります。

最近の相談電話には、こちらが何者かも知らない電話が多く、誰かが新世紀ユニオンの電話番号を教えている、と見ていました。これまでに分かったのは各地の公的労働相談の窓口や、市の窓口で、ややこしい相談は「ここに電話して聞きなさい」と新世紀ユニオンに振っていることが分かりました。どうせ相談先の電話番号を教えるなら相手先が「新世紀ユニオン」であることを言ってほしいものです。

こうした相談には、先の最賃法違反の相談のように、相談内容が労基法に関するものが多く、各地の労働基準監督署が本来扱うべき内容が多いのが特徴です。しかし相手先の行政の方は好意で新世紀ユニオンの電話番号を教えているかも知れないので、こちらは分け隔てなく相談にのるようにしています。

しかし行政が振ってきた相談は解雇事案が無く、しかもややこしい内容が多いのが特徴です。就職時の契約書を見ないと雇用形態が分からない場合が多いので答えようがない内容が多いので困ります。相談者がネットで検索して相談して来る人の場合、新世紀ユニオンの事案に関連する記事やリストラ対処法を読んでいるので、信頼してツボを押さえた相談をしてきます。しかし行政の窓口で電話番号のメモを渡された相談者は、こちらが何者かも知らず、したがって信頼もしていません。中にはこちらが役人と勘違いしている人もいます。

相談者は、新世紀ユニオンが労働組合であることすら理解していない人が多く、電話口でまずこちらが新世紀ユニオンという労働組合の相談窓口で有ることを説明するようにしています。労働相談が増えることは新世紀ユニオンが世間に知られる存在になってきたのだと思うようにしています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

役所から紹介で知名度が上がるのは良いとおもいますが、一方で役人がますます仕事しなくなるのは、いかがなものでしょうか。特に監督署・・・
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード