嫌がらせされても退職届を書いてはいけません!

「上司から辞めさせるための嫌がらせを受けている」という相談が増えています。労働者を解雇するとどうしても違法解雇になります。そこで嫌がらせして辞めさせるのが最も安上がりなやり方となります。解雇すると最低限1カ月分の予告手当を支払わねばなりません。裁判になると10カ月分から15カ月分は要ります。そこで嫌がらせして自己退職に追い込むやり方が広がることになります。

社労士がこうした手口を指導している例が多く、中には重いうつ病と思われる方の相談もあります。嫌がらせによる退職強要を受け始めたらすぐ新世紀ユニオンに加入すれば雇用を守ることができますから、躊躇することなく新世紀ユニオンに加入して下さい。

中には退職させられて1年近くたって相談して来る方もおられますが、退職金を受け取り、退職を追認しており、いかに上司4人に取り囲まれ怒鳴りつけられたにしても、事案を長く放置していると、それを認めたことになり闘えませんので注意が必要です。

ただし不当に解雇され、うつ病になり闘えず、病気療養で訴訟が1年後になった、というやむを得ない理由のある場合は、たとえ1年後でも裁判を闘えないことはありません。訴訟が遅れたやむを得ない理由があることが必要条件です。

現在退職強要の嫌がらせを受けている人は、証拠を残すことと、一日も早く新世紀ユニオンに加入して指導を受けられるようにする事が重要です。雇用を守るには少しでも早い対応策が必要なのです。絶対に自分から諦めて退職届を書いてはいけません。

新世紀ユニオンなら雇用を守ることができるので早めに加入して指導を受けるようにして下さい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

本当に、全く同感です。私が思いますに、被害者が声を発しない事にも原因がある様に思います。声を発する者がどんどん増えれば、マスコミも注目するようになり、世間の目も集まり、法整備も進むのではないでしょうか。新世紀ユニオンとして、その様な先駆的かつ、リーダーシップ的な活動が出来ればいいなと思います。ブラック企業から労働者を守る法整備が絶対に必要だと思います。何らかの形で、先駆者になれる様、個人的に地道に活動中です。

企業が平気で人権蹂躙をするのはその行為を「広く世間に晒されない」からだと思います。被害者が逐一その汚い行為をやられたままに書きこめる媒体がないでしょうか?名誉棄損をしている人物や企業のその行為をネットに告発したら、逆に名誉棄損なんて、日本の法律は何処か狂っている。

No title

新世紀ユニオンは他の労働組合とは違います。本当に頼りになる組合です。職場のいじめにあい、辛い思いをしている方は、是非、新世紀ユニオンの委員長を訪ねて来て下さい。仲間も沢山いますよ。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード