株式会社ソフト・ハート研究所との交渉経過の報告!

株式会社ソフト・ハート研究所はスーパーのレジ業務の請負会社である。Aコープ和田山のAさんはレジの違算が発生したとして「レジの仕事に向かないのではないか?」と店長に責められたが、その違算の計算は1人しか行わず、本人に確認させなかったこと、その後の社員の態度が店長の顔色を見ながらの不信な対応から、冤罪を仕掛けている事に気づき、ユニオンの指導で翌日は録音し、違算が出ないように遅くてもいいからキチンとレジ業務を行った。ところがまたも「違算が発生した」と言われ、Aさんは精神的に追いつめられた。

新世紀ユニオンから書面で違算捏造にかんし調査を行い報告書を送るよう求め、同時に雇用契約書と就業規則の開示を求めた。ところがソフト・ハートは就業規則を開示せず、雇用契約書は本人の印が押されていないものが本人に開示され、同時に本人の印でないものが押された、雇用契約変更書のコピーが本人に渡された。この書面は明らかな偽造である。この雇用契約変更書の契約期限は9月15日となっている。まるで詐欺師である。

この間委員長としてソフト・ハートのY専務に電話でなぜ就業規則とレジ業務の規則の開示をしないのか聞いたが、「専門家の話として開示しても意味がない、とのことなので開示しない。意見があれば書面で行ってほしい」とのことであった。また窓口のY専務は「話合いの場を作ってほしい」というのみであった。報告書も未だに送られてこない。

以上の事から株式会社ソフト・ハート研究所がレジ業務のパートの請負を行いながら、契約書も交付せず、就業規則もレジ取扱規則も開示せず。「多額の違算が発生した」と難癖を付けて労働者(=多くは主婦)を使い捨てにしている疑いが出ている。しかもタイムカードを打たせた後で1時間以上もかけて報告書なる反省文を書かせるなど退職強要の嫌がらせを繰り返した。

阪神間の主婦でパートで働こうとしている女性の方はソフト・ハートには就職しない方がいい。この会社は法律で定められた通り、雇用契約書を発行せず、印を偽造して本人になり済まして契約更新書を偽造する。この会社はブラック企業というしかない。

新世紀ユニオンが求めた就業規則の開示などは何一つ受け入れず、そのくせ書面で送れとか、話し合いの場を作ってくれ、という。この手口はブラック社労士の手口である。新世紀ユニオンは2回にわたり書面で開示を求めた。就業規則とレジの取扱規則が開示されないと我々は話し合いも行えない。ユニオンは穏便に解決を図ろうとしたが、ソフト・ハートが事案の解決を遅らせ、時間稼ぎをしていることに、我々は断固抗議するものである。

だいたい株式会社であるのに「研究所」の社名がそもそも詐欺的で、いかがわしいという他ない。せっかく新世紀ユニオンが早期に円満に解決を図ろうとしたことが、逆にソフト・ハートを付け上がらせる結果となった。ソフト・ハートが偽造した契約更新書で契約期限が9月15日にしているのはそれまで話し合いを引き延ばし、雇止めにする腹であることは明らかである。断じて許せない!
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

許せませんね。
泣き寝入りした被害者が、相当いるのでは?
続報を期待します。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード