社労士が事案の解決を妨げている事について!

株式会社ソフト・ハート研究所の事案でもそうですが、ユニオンが穏便に解決しようと考え、労働者が働き続ける上で就業規則やレジの清算に関する規定を開示して貰い、規則に基づいて働けるよう、当初会社名も公表しないなど配慮しました。

ところがソフト・ハート側は就業規則やレジの規定があるのに開示せず。事案の被害者のAさんに偽造した契約書や雇用契約更新書を窓口である当ユニオンにではなくAさんに渡しました。穏便に解決しようとしているのに、まるで詐欺師のような手口はブラック社労士に特有のものです。

法律で、就業規則や雇用契約書や仕事上の諸規程は労働者に開示しなければなりません。これを開示せず、争議になり始めるや契約書を偽造して手渡すような詐欺師の手口は許されません。これでは穏便な解決は不可能です。

これは、穏便な解決ではなくAさんをやめさせることで金銭解決を望んでいるのかと、会社側の窓口の人物に電話で聞くと、「引き続き働いてもらう」といいます。しかし偽造された契約書では9月15日に契約期限が来ます。つまりソフト・ハート側は始めから穏便な解決等する気はなかった事になります。

我々の経験では、会社側と話し合いで穏便に解決できるときは社労士が介入していないときであり、穏便な解決ができないときは必ず、会社側を社労士が指導しています。大阪社労士会は会員に「就業規則を開示するな」と指導しています。つまり社労士は企業に違法行為を指導しているため、就業規則は開示しない方針なのです。

こうした大阪社労士会の違法な指導が、労働事案の話し合い解決を妨げることになっています。本当に腹が立って仕方がありません。詐欺師のような手口は労働者側が泣き寝入りする時は成功します。しかし新世紀ユニオンのように裁判や労働審判で闘う場合には、会社側の就業規則の非開示は命取りになります。愚かというしかありません。この会社の社労士は新世紀ユニオンの事をよく知らなかったようです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ユニオンの執行委員として労働者の利益のために合法的に闘う社労士、労働者また組合員を裏切らず最後まで正義感で闘う弁護士は、います。
規制緩和なのか、○○士と名の付く職業の人が飽和してしまい、能力や良識に欠ける浪人が溢れ、弱い労働者や頭の悪い経営者を食い物にするしか、生きる術がなくなったのでしょうか。
社労士会や弁護士会の自浄作用は、期待すべきではありません。所属会員の納める会費が、大切な財源なので。
私たちは信念と自己責任をしっかり持って、立派に働き学び生きる事、泣き寝入りはしない事、新世紀ユニオンの記事を読み、労働法も勉強しておく事、委員長とのコミュニケーションとユニオン行書へ可能な範囲で積極参加し組合員との交流に努める事が大切と思います。

昔は弁護士でも社労士でもダメなことはダメとはっきり経営者側に言ってたもんだ
今は顧問の名の元に自分の報酬(しいては自己の生活の安定)さえ貰えれば良いというプライドも志もない企業犬化している。受験勉強だけクリアしてきた青二才に人生を狂わされてたまるか
ユニオンの旗の元に労働者の底力を見せつけてやる
今こそ立ち上がる!今こそ堂々と労働者の権利を権力のために最大限に行使する時だ!
負けてたまるか!

甘やかされて育った世襲経営者に取り付いて、労働者を如何に騙して働かせるかが仕事となっている寄生虫社労士も一連托生で厳罰にして欲しい。勘違いのバカ共には煮え湯を飲ましてやらなければなりません。

無知で無能な経営者が日本の経済力を低下させている。日本の労働者は有能で常識のある人が多いのに誠にもったいなく残念なことだ。

○○士という職業は何でも人助け、一般人が出来ない事を専門知識で助け問題の円滑に解決させるもの、高い倫理観が求められ、そのために難しい試験と研修、そして高い報酬が与えられる、はずではなかったのでしょうか?
鼻をつっこんでかきみだし問題の解決を邪魔するでは、ただの害ですね。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード