ユニオンのワンパターンの闘いが曲がり角に!?

団体交渉にブラック社労士や弁護士が出るようになって、団体交渉で解決することが難しくなりました。組合員が加入すると、すぐ会社に連絡し、団体交渉するワンパターンの活動形態が壁にぶっかっています。

新世紀ユニオンでは、ブラック社労士が出てきて話し合い解決が難しくなると、すぐ裁判に移行するようにしています。その為には、「備えてのち闘う」という「孫子の兵法」に学び、まず解雇理由証明書の発行を求め、その内容が抽象的な場合は、さらに書面で質問し、解雇理由を絞り込んでから裁判を闘うようにしています。

ですから新世紀ユニオンは団体交渉が機能しなくなっても少しも困りません。むしろブラック社労士が就業規則や諸規程を開示しない分訴訟が有利に闘えます。

新世紀ユニオンではこうした他の労組の戦術的行き詰まりの相談にも答えるようにしています。労組名と相談事案の内容を示してもらえればその場で戦術を指導します。

最近新世紀ユニオンに、他のユニオンや労組のスパイと思える加入者が増え、新世紀ユニオンの日常活動に支障が出ています。証拠をそろえて、裁判という段階になって組合員が逃げ出す例が出ているのは、他のユニオンのスパイ活動としか思えないのです。何も加入金を支払いスパイしなくとも、組合名を明らかにするだけで、電話で戦術の相談に応じるので、スパイを送り込むことはおやめ下さい。新世紀ユニオンでは日常活動の妨害になっています。

資本金何億円の会社でも一人の労働者が対等の法律関係の下で闘えるのが労働裁判です。ですから新世紀ユニオンでは「この会社を潰したい」「この経営者を殺したい」という労働者の怒りの相談には、裁判で合法的に闘うよう説得しています。大衆運動の重要性を否定するものでは有りませんし、労働運動は力関係が反映する分野ですが、同時に一人でも対等の法律関係で闘える分野(=裁判)もあります。

レーニンも弁護士として労働裁判を闘った時期が有りました。合法闘争が闘えない運動家は本物の活動家とは言えないのです。日本のユニオンはワンパターンの抗議活動と団体交渉の運動から、労働裁判で勝利的和解を勝ち取るなど、多様な闘い方に転換する時期が来ています。

ブラック社労士や悪徳弁護士の団体交渉を空転させる戦術が、ユニオンの戦術の多様化を促し、合法的な訴訟を闘えるように習熟する時が来ているように思います。他のユニオンが新世紀ユニオンにスパイを送り込まなくとも、相談いただければユニオンの戦術指導もしますので、気軽に相談下さい。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

世の中には色んな人間がいる。
一見、複雑化して来ているような人間関係に見えるのだが・・・冷静に見ると今の人間の信用や信頼を結んでいるのは「金」であるような気がする。ようはブラック社労士もブラック弁護士も所詮は「報酬」という金で飼われているだけ!
何も恐れる必要などない!
日本は法治国家で違法なものには違法で有ると判例にも基づき下される。
「事実」は沢山あるかも知れないが「真実」はひとつだけ!
我々に何のブレもなければどんな事案にもどんな事にも恐れずに足らず!
困難になれば成る程我々の団結力は益々パワーアップする。それは素晴らしい事だと思う
スパイごときに我々の牙城が崩されるはずもない・・また、このような組合員は断固として排除して見せる!
我々は決して某ユニオンのような武闘派集団ではない!
力だけでひはない知能を常に携えている集団であるということをここでしっかりと意識してかつ実行するのみだ!
某企業の社長が射殺された事件があった。
「自業自得」かも知れないが、ブラック系企業で20年余り在籍した者として言えることはブラック企業のヤツラは決して一枚岩でないということです。組織内で常にいざこざは起きています(笑)
角野委員長のフォローを精一杯やりながら今、新世紀ユニオンの組合員が以前にも増して「志」を強く持つ時です!
心よりそう思います。

スパイを送り込んで裁判準備のノウハウを盗んでも、事案は10人10色、100人100色なので、勝つのは難しいのでは?
素直に自らの無能を認め、身元を明かして新世紀ユニオンに電話ではなく面談相談に来る、本当に組合員の利益を守りたいなら、執行部が全員 組合員に公示した上で新世紀ユニオンに加入して勉強し直すくらいの気合いを見せないと、いずれ組合員に愛想を尽かされるのではないかと思います。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード