もの事は極まれば反転する!

新世紀ユニオンの事務所の壁に額入りで掲げられている言葉です。
いま多くの労働者がパワハラやいじめで精神的に疲弊状態にあります。人の心を傷つける人はフランスなどでは傷害罪で逮捕されます。

しかし日本では、政府の雇用助成金狙いのパワハラで自己退職に追い込む手法が増え、うつ病の患者は公式では35万人、実際には会社に隠れて治療している人も多くいるので40万人を超えると思われます。パワハラを放置することは健康保険会計からも大きな損失なのです。

職場でパワハラを受け、弁護士に書面を送付して貰って危機を切り抜けた例もあります。裁判で多額の解決金を得た人もたくさんいます。うつ病で心に傷を受けると労働相談に来て、事案を思い出すだけで涙を流す人も多くいます。

そうした人に私は、壁のこの額を指さします。「もの事は極まれば反転する!」この言葉は私の好きな毛沢東の言葉です。月が満ちれば、後は欠けるだけです。悪いことはいつまでも続きません。闘って慰謝料や解決金を取って加害者に思い知らせることを提案します。

うつ病でも裁判を闘った人はその後うつ病は治癒します。しかし泣き寝入りした人はうつ病が再発したりしてなかなか治癒しない現実が有ります。日本の裁判は慰謝料が少なく(アメリカは何億円という慰謝料です)新世紀ユニオンの経験では950万円の解決金がこれまでのパワハラ事案での最高額です。

ですから少ししか慰謝料が見込めなくとも裁判で加害者と会社の管理責任を追及した方が、本人の精神衛生上に非常にいい結果となるので、私は裁判を勧めることにしています。職場のパワハラで心に傷を受け苦しんでいる人は勇気を奮い起して闘うようにして下さい。物事は必ず極まれば反転するのです。闘えば、苦しいことはいつまでも続くことは有りません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

「極まれば反転する!」初めてユニオンに行ったとき壁にかけられていたのを見てとても印象に残っているのを思い出します。
私は営業の世界一筋でやって来たので他の業種は解らないですが・・・
「成果主義」の名の元に常に「檄が飛ばされます」このもの自体を完全否定するつもりは有りませんが、中にはその環境に耐えれきれず「辞める者」そして「病める者」がいてます・・私も経験者の一人です。
その時は一年間休職しました・・そして復職しましたが私の居場所はどこにも有りませんでした。9か月間自分なりに頑張りましたが限界でした。毎日、封筒のふたしめと雑用に第一線でバリバリやっていた自分には耐え難い苦痛でした。今から思えば会社が私を辞めさすための手段だったんだと思います。
その頃は新世紀ユニオンの存在すら知らず完全に泣き寝入りでした・・・
もう二度と同じ失敗はしない!と今はしっかりと前を見ることが出来ています。
それでも人生はどこでどんな事が起こるか解りません・・・そのために「備える」と言うことはとても重要な事だと思います。
そして「極めれる」ように日々努力しなければならないと考えます。
そう委員長に教わりました。

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード