労働裁判での弁護士の選び方!

労働事案での裁判や審判の弁護士に「ヤメ検」の弁護士や、離婚などの専門の弁護士を使うのはよくありません。新世紀ユニオンへの相談で「ヤメ検」の弁護士を使い労働審判で負け、解雇事案で裁判をやりたいと本人が横浜から相談に来た時は、弁護士が「異議申立書面」を出していなかったので審判が確定していた事例が有りました。

「ヤメ検」の弁護士や、離婚などの専門の弁護士は最初に全ての証拠を出してしまいます。ところが労働裁判は証拠の後出しが認められます。その為後から被告側に、でっち上げの証拠を捏造され負けてしまう例が多いのです。ですから労働事案では労働事案専門の弁護士を選ぶようにして下さい。

労働相談で、自分が契約した弁護士に裏切られた、と言う相談が時々あります。弁護士を選ぶ場合はユニオンを通して弁護士を専任すると、ユニオンから次々仕事を回されるので弁護士は裏切れません。ですから裁判はユニオンを通して行うようにして下さい。日本の裁判は被告側が原告の弁護士を買収することが普通に行われています。

組合を通すと解決金から拠出金を納めなければいけないからと、自分で弁護士を探して裁判を行う人がいます。この場合被告側に弁護士を買収され解決金が少なくなりがちです。結局はユニオンを通して裁判をする方が手にする解決金も多いのです。

労働裁判は、解雇されてからの証拠作りが重要です。新世紀ユニオンではまず証拠作りを徹底的に行います。ですから裁判での勝利的和解につながり、解決金も多いのです。労働裁判は事前の証拠作りが大切で、次に弁護士の力量が決定的に重要なのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

インターネットのホームページで素晴らしく正義感溢れる事を言っている弁護士さんがおられたので相談に行ってみたら、とんでもないボンボンで、あまっちょろい事ばかり言うので、すっかり呆れてしまい、高い相談料だけ支払って帰って来ました。一番笑えたのは、「ブラック組織の顧問弁護士の名前を教えて貰ったら、いじめやパワハラを止めさせる様に僕から言いますよ。」ですって。思わず、「はいっ?」って笑いそうになりました。(笑)いじめの壮絶な現場を全く知らないボンボンが、ましてやいじめやパワハラ分野の弁護士になってはいけません。国の相談窓口の年配の女性の方も、その事を話すと「あらまぁ。世間知らずなんだわ。ダメだわ。そんな弁護士さん。」と呆れてはりました。力量大いに0ですね。(笑)(笑)(笑)

電通、過労死、自殺の件

大手広告代理店 電通の社員さんの過労死に追い込まれ自殺した事件のコメントをお願いします。

日本には買収されて依頼人を裏切った弁護士を罰する法律は無いのでしょうか?幾ばくかの金の為に法の番人である弁護士が裏切り行為を行えば、この国に拝金思想の無法地帯を弁護士自ら作り上げている事になると気がつかないのでしょうか?何のために弁護士になったのでしょう?

ついこないだまでは「過払い金請求」の広告が目立ってましたが、最近は「不当解雇諦めていませんか?」などという弁護士事務所の広告を目にすることが増えました。
この厳しい時代を象徴してるなとつくづく思いますが・・内容を見ていると「いいことばかり」が書かれています。そして肝心の費用と報酬については「要相談」とのこと!
借金で苦しんでる人の次は仕事を失った人が金儲けの道具かと思うと弁護士って何?って思います(笑)
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード