トランプ米大統領誕生で不透明さ増す世界情勢!

アメリカの大統領選の開票が進みトランプ(共和党)の勝利が確実となった。メキシコとの国境に壁を作る、と言う反移民、反TPPのトランプ、イスラム教徒の移民も受け入れない、不法移民を追い出す民族排外主義のアメリカが誕生するのだろうか?

アメリカは移民の国であり、安上がり労働力を受け入れてきたからアメリカ経済界は高い利潤を得ることができた。トランプの「アメリカ第一主義」が世界情勢をどのように変えるのか注目される。

トランプは日本が在日米軍の費用を100%負担しなければ米軍を引き上げる、と言っている。雇用を取り戻すとも言っている。韓国も同様でアジアから米軍が撤退すれば、アジアの覇権が中国拡張主義の手に落ちるであろう。安倍政権はアメリカの要求に屈服するのであろうか?それとも自立を選択するのであろうか?

世界経済はトランプが勝てば大恐慌になると言われてきたが、トランプ不況が本当に来るのか?TPPは再交渉になるのだろうか?世界経済も世界政治も不確定なことが多く生まれるであろう。世界貿易が縮小に向かいトランプ不況が現実化すれば、トランプ大統領は経済政策を見直す柔軟性を持っているのだろうか?

トランプは欧州に対しても日本や韓国と同じように米軍への負担を求めるのであろうか?アメリカは同盟国を全て失う可能性がある。トランプが戦略的視点を持たないことが世界情勢を不透明にしている。

中国やロシアやイランなどの地域覇権主義の時代を招きかねない。世界の多極化が一気に進むであろう。日本は防衛面でアメリカを頼りにできず、対米自立で防衛力増強を急がねば亡国の危機に直面しかねないのである。世界が先行き不透明になった。

イギリスに続きアメリカでもグローバルリズムの逆転現象が起きた。大手メディアが世論誘導できない時代が来たのである。格差社会の中で怒れる労働者が動き、政治が予期しない方向へ動き始めたのである。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

まさかあの動くブラック企業のトランプが選ばれるとは思いもしなかった。
生まれてこのかた、大統領選挙の後、大きな反対デモが各地で行われたのを見たことが無い。
何故あんな下品なじいさんが選ばれたのか、不思議でならない。
子どもの頃は、いじめっ子であったとの事。
見た目そのまんまの、別な意味で期待を裏切らないじいさんだ。
暗殺されそうな予感がするのは、私だけだろうか。
ちなみに、あの不快感マックスな笑みと言い、人相、かつていたブラック上司にそっくりです。
心は顔の出ると言いますが、悪い輩の人相は皆共通していますね。(笑)(笑)(笑)

アメリカの大統領選挙前に安倍首相がロシアのプーチン大統領と接触してたのはある意味保険をかけた印象を持った。
今日の安倍首相の会見を見ていると変な余裕があった気がする
トランプ大統領はアメリカの不動産王と言われているがアメリカでの不動産業は医者・弁護士に並ぶ高職に位置するから日本人には少し理解しにくいが本日の勝利はある意味納得出来る気がしました。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード