甲南大学側弁護士の不可解な発言について!

先日の甲南大学パワハラ事案の裁判で、大学側弁護士が新世紀ユニオンの委員長のブログに書かれるので書面は出さない。と発言したことが組合員・サポーターの間で、波紋を呼んでいるので、誤解を避けるためにも書きます。

慰謝料請求の被告どうしである甲南大学とキム教授の間には矛盾があり、大学が答弁書を出せば、キム教授側がその内容を見てから答弁書と準備書面を兼ねたのを出し、大学側は準備書面を出しませんでした。たぶんキム教授側の書面の内容を見てから出す判断であったと私は見ています。事実裁判官は大学側に対し、その件は関係がないので書面を出すように訴訟指揮権を発揮しました。

大学側弁護士は書面の提出を遅らせ時間を稼ぐために、新世紀ユニオンのブログを口実に使ったのです。弁護士ならユニオンが被告でも原告でもないが、原告の加入する労組の宣伝が合法であることは分かるはずです。もし労組の宣伝を阻止する目的での発言であったなら、この弁護士は憲法の表現の自由や、労働組合法が認めた争議行為の一環としての宣伝を阻止すべく「裁判を進めさせない」という脅しをかけたことになります。委員長のブログで甲南大学のパワハラ隠蔽の恥を書かさない為の発言ならこの弁護士は恥を知るべきです。

裁判で新世紀ユニオンの宣伝を攻撃する書面を出した会社は数多いのですが、書けば書くほど新世紀ユニオンが宣伝を倍加するのを見て、ブログへの攻撃を諦めるのが普通です。新世紀ユニオンのブログに対し不当と判断するなら新世紀ユニオンを訴えたらよいのです。我々は喜んで応訴します。

教授のパワハラによる精神的暴力を見て見ぬ振りをし、加害者を処罰せず、被害者を救済せず退職に追い込んだ甲南大学は非難されるべきです。それが正しいと判断しているなら甲南大学は新世紀ユニオンに慰謝料請求の訴訟を行えばいいのです。証人は沢山いますから世間の注目を集める裁判になるでしょう。たとえ口実にせよ「委員長のブログで書くから書面は出さない」との弁護士の発言は「表現の自由」への侵害です。しかしそれが法廷で行われ、裁判官が一蹴した事であるので、このことはこれ以上問題にしません。

なお新世紀ユニオンへは甲南大学から、委員長のブログへの抗議は一切ありません。したがってキム教授側の準備書面を見てから書面を書きたかった甲南大学側弁護士の時間稼ぎの発言と私は見ています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

大学用心棒の、悪徳弁護士先生

うちの○×国立大学法人にも、「おやとい弁護士」先生Zがいるよ。法律学の非常勤講師をやっていて、まったく一緒!
つまり、早い話、用心棒だね。

約4年前、そのZ弁護士が学内でもっともらしい講演会を開催し、大学関係者は相談料無料だっていうんで、信じて、モラハラ教授Mから受け続けてきた被害の数々を匿名メールで相談したら、大学内の事案は立場上、お受けできない、加えて、相談内容も名前も、大学上層部の会議に上程しないといけない、だから、学外の有料弁護士に相談して下さい、などと断られました。

最初は、意味がわかんなくて、ありえへん、と怒りが込み上げてきました。
つまり、弁護士Zは「大学側の用心棒」だから、力になれない、と自らはっきり言ってきたということですわ。

ちなみに、その弁護士Zは、別件の一般相談事案を半年も放置して、被害者側から訴えられた経験があり、○×県弁護士連で出入り禁止になっているワルであることを、後日知りました。

ブラック大学では、そういう悪徳弁護士を用心棒として、金で雇っているわけです。恥を知れ!と言いたくなります。

あなたの大学や職場内で、もし無料相談とかいってる弁護士がいたら、そいつが「おやとい」なんちゃいますか?

No title

おやとい弁護士だなんて…
娘が甲南大学に興味ありましたが、絶対に受験させません。

そういうことですか。

甲南大学はどこまでやるつもりでしょうか。
パワハラ教授に、かばう大学、あやとい弁護士。
大学とは思えない・・・
ブラック企業、甲南大学ですね。
世の中に知らさねば・・・
ここまできたら、マスコミの力を借りた方がいいかも知れませんね!

おやとい弁護士!

私は、よく知ってます。

ある程度の規模の大学には、必ず “おやとい弁護士” がいて、本事案のように、法的にみて、大学側に不利益になりそうなパワハラ案件を徹底的に揉み消すべく、有識者の立場で専属的な契約を結んでいます。

よく、法学部とかで、非常勤講師で雇われている●×弁護士事務所の“先生”がそうです。

弁護士は、みんな法の下に正しい判断をしている、とか思っておられる読者がいらっしゃるかも知れません。おそらく、その方はトラブルに巻き込まれたことのない善良な市民でらっしゃいますが、実態は、そうではありません。

間違っていると分かっていても、金のため、既得権益のため、法律をムリヤリ解釈して、強引にクライアント(=大学)側が正しい、と持っていくのが仕事です。そう、弁護士の人達は、それが仕事と割り切っておられるのであり、弁護士は善、悪、半分ずつどころかか、権力(=金)の側に付く悪の方が儲かるんやから、当然、悪の方が多い、ぐらいに考えておいて、ちょうど良いことでしょう。

そうすると、弁護士がどうこう画策しようと無視するのが一番で、バカな言い掛かりしか付けられないのですから、裁判官側からしてみれば、大学側が不利だと自ら言っているようなものなのです。

そうです。つまり最後の良心は、判決を下す“裁判官”なのです。アホなお雇い弁護士の“いちゃもん”などは、相手にしないことです。

しかし、裁判官がみな善か、というと、これも怪しいようです。
地方では、地元の大学や財界と連んでいるケースが多いと聞きますので、冤罪に陥りやすいパワハラ被害者側が正義を貫きたいなら、お金と時間はかかりますが、最高裁まで、徹底的に主張しつづけることをお勧めします。

弱者が、パワハラやモラハラで貶められ、その不当性を認めてもらえるには、並大抵の苦労では済まされません。それが、今の日本の社会構造なのです。
パワハラ被害者を見て見ぬ振りする職場の人間が大半を占めるのと、子供のいじめ問題が同根であることは、すでに前々から周知のことですから。。


河野太郎先生、もしも、このブログを読んでおられたならば、デリケートな問題として見過ごされず、どうぞ、本事案のような、未来ある優秀な若手研究者が、狂犬(強権)のパワハラ教授などに潰されないような、大学のシステム作りのために、ぜひご尽力頂きたいと願います。

このまま、競争だけを促していては、日本に、優秀な研究者は育ちません!

腰抜け弁護士?

闘う相手が誰だかわかってないの?>この弁護士
原告相手に反論すればいいだけですよ.
もし,被告に非がなければ...
非があるからこんなことを言い出すのでは?

No title

甲南大学ってブラック企業だね。非常勤講師よりもおそらく非常勤職員がもっとひどい目に遭ってるだろうし、学生に対する対応がいいはずがない。全国の受験生そして、甲南大学の学生たちに、この事実をもっと広めてもらいたいです。これ以上被害者を出さないように。

ジャッジメント!

甲南大学やK教授が、いかにパワハラを揉み消そうとしても、無駄です。

なぜならば、すでにこのブログを通じて、世間が注目しているからです。
大学として、正しい行動を取らなければ、信用を無くすのみ、なのです。

学内のみんさんが、甲南のOB・OG達が、そして全国の、不当な大学パワハラに強い関心を寄せる多くの人々が、裁判の行方を見守っていることを、大学関係者のみなさんは、忘れないで下さい。

日本の将来のため、関西の名門、甲南大学にはぜひ、正しい行動を取って欲しいし、今後、第2、第3のK教授を生まないためにも、朝鮮語のパワハラ教授には、今回、正しい判決が下されることを祈っています。

Aさん、応援していますヨ!

はぐらかし

都合が悪くなると、本題と関係のない「別件」で迫ってくるんは、暴○団がよく使う手口です。

モラ研究会では、「はぐらかし」と位置付けて、常に警戒し、冷静に対応しています。

最近は、丸棒の手口を、正義をかざす弁護士や、香木たる役場の公務員が、平気で真似るようになりました。既得権益の独占や、出世、名誉のためのようです。

悪事を働いて、反省するどころか、逆切れする。そして別件で執拗に攻撃する。みな、丸棒の手口であり、それだけ日本の世が荒んでいると言うことです。

Aさん、はぐらかしに負けず、最後まで正義を、貫いてくてください。
応援してます。

No title

私も女性で、現在もブラック組織相手に、戦いの真っ最中です。
戦いの年数も重ねると鍛えられるもので、雑魚は一人で軽く追っ払い、撃破しています。
後は、腐りきった組織をぶち壊す事に生き甲斐を感じています。
早く子どもの受験が終わり、組織崩壊に向けて全力投球したいです。
女を本気で怒らせると怖いんですよ。
小池知事しかり、蓮舫議員しかりです。

小さき声を聞こう

非常勤という立場で、さんざんいじめられてきた被害者の方の勇気ある行動に心から賞賛を送ります。大学といった巨大な組織が相手ですが、私たちには、ユニオンの仲間がいます、応援しています。

ブログのコメントを見ているようなのでコメントは差し控えますが・・
委員長はじめ組合員、サポーターの皆様!
ご健闘をお祈り致します!

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード