自公一強の横暴が目立つ!

安倍政権が、物価が上がっても賃金が下がっても年金が減額される「年金カット法案」と言われる悪法を強行採決した。NHKの世論調査で賛成が立ったの10%の法案を平気で強行採決するのは与党の奢りと言うしかない。少ない年金で生活している高齢者いじめに他ならない。大金持ちは税金逃れの海外のタックスヘイブンに多額の資金を隠匿している。金持ち優遇・弱い者いじめの政治がまかり通る事態となっている。野党の計算では年金は年額14万円も減額になるらしい。

野党4党の政権の受け皿作りが、「連合」の反対を気にする民進党のためらいでとん挫しているので自公の奢りが出ている。安倍政権は年金基金の資金を株式市場に投入して、何兆円という年金資金の損失で、基金が消えているので年金の減額が必要になった。

安倍政権は労働分野の規制緩和を審議する厚生労働大臣の諮問機関「労働政策審議会」から、労働者と使用者の代表を締め出し、多数決で労働分野の規制緩和を進めようとしている。解雇の自由化や残業代ゼロの拡大や労組法の改悪等を画策しているのである。

PKOの「駆けつけ警護」も閣議決定で決めた。安倍政権の奢りが目立つようになり、右翼的反動政治に拍車がかかっているように見える。日本は社会的弱者がますます住みにくい社会になりつつある。国民が自公一強の横暴に怒りを高めているのに、野党各党はなぜ政権の受け皿のために連合しないのか?理解出来ない。もっとも今の民進党は消費税増税で民主党政権を潰した野田が幹事長だ。野党政権を潰した菅や野田のいる民進党に国民はうんざりしている。

野党が政治レベルが低く、野党第1党の民進党が国民にバカにされているのだから、当分自公の労働者いじめが続くと見なければならない。それにしても「連合」労働貴族はなぜ野党の政権の受け皿作りに反対するのか?家畜労組の本領発揮と言えばそれまでだが?ここまでブルジョアジーの手先としてやるのはまずいとは思わないのか?!彼らもまた奢り・腐敗しているとしか言いようがない。トランプ米政権誕生で世界が経済危機と戦争の時代に入りつつあるのに、野党の連合を阻むものは危機感が足りないだけでなく、無能と言うしかない。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

今度はカジノ法案!
1円パチンコ打つ金もないわ(笑)

No title

正にその通りだ。
安倍やトランプを選んだ国民にも、危機感が足りなさ過ぎると言いたい。
この国は、そして世界は何処に行こうとしているのか。
明るい未来で無い事だけは確かである。
軌道修正が必要である。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード