守りて勝つは難し!

中国の兵書「呉子」は「闘いで勝つは易く、守りて勝つは難し」と教えている。
雇用を守る戦いが難しいのは、雇い主が嫌悪する中で様々な嫌がらせに耐えねばならないからである。

仕事を取り上げておいて、パソコンでインターネツトをすることを容認し、注意もしないでおいて、突然弁護士が職場に2人も来て「あなたは仕事中にネットサーフィンをしていた。刑事事件にしたいのですか?」と脅して退職届を書かせようとしてきた例がありました。

この組合員は事前に「何かあればユニオンを通すように」と言うことを教えていたので退職届は出しませんでした」しかし、それでも解雇になりました。

この経営者は一度解雇したが、ユニオンの抗議でその後解雇を撤回し、「お前の後ろには新世紀ユニオンがいる」と4万円を賃下げし、それに対抗して残業代を請求したのに怒り、今回の解雇になりました。

この会社の経営者は、労働者を奉公人のように考えている人物で、残業代がよほど頭に来たようです。自分のした違法な4万円の賃下げはすぐ忘れているのです。最近はこのように弁護士が付いていても口実を作り、すぐ解雇してくるのが特徴です。安倍政権の「解雇の自由化」の動きが、日本の経営者の解雇を励ましているかのようです。

ユニオンは雇用を守ろうとしても、相手が解雇を画策してくる以上裁判闘争は避けられません。労働者が空き時間に新聞を読むか、インターネットをしても解雇できるわけではありません。いけない事であるなら就業規則を見せて一度は注意すべきです。弁護士が付いていて、それでも違法解雇してくるのですから、解雇は意固地になった社長の意志なのです。

このように、雇用が守られるかどうかは相手が決めることである、ゆえに、「守りて勝つは難し!」なのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

とにかく真面目に仕事をし続け、決して弱気にならず、戦い抜く事が大切だと思う。
ブラックは所詮ブラック。
沢山悪事を重ねて来ている。
突っ込みどころは山ほどある。
やられたら100倍返しでやり返す。
とことん最後まで闘い抜こう。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード