ハラスメントを容認する京都府立大学の体質!

なぜT先生がハラスメントで裁判をしなければならないか、疑問に思う人もいるだろう。現在ほとんどの大学にはハラスメントに対応する組織が設置されているからである。その組織に解決を依頼すれば済むことではないかと考えるのは当然である。しかし、京都府立大学には構造的・組織的問題がある。

大学におけるハラスメントとは、セクシャルハラスメント、パワーハラスメント、アカデミックハラスメントのことであり、多くは学生が被害者となるが、若い先生方も被害者になりうる。それどころか、中堅の先生であっても、教授の意にそぐわなければ標的にされる。
 京都府立大学のハラスメント対応は、HPページによるとハラスメント防止委員会(以下、防止委員会)によって管理されている。しかし、その活動内容は、ハラスメント防止に関する啓発や研修であり、ハラスメント事件の対応は、事件発生ごとにハラスメント対策会議(以下、対策会議)が設置されることになっている。つまり、学生や教員がハラスメントを訴えても、防止委員会が審議してから対策会議が設置されることになる。

ハラスメント事件は人格権侵害であり、迅速性な対応が必要であるにもかかわらず、このような回りくどい対応しかできない。場合によっては、学生が卒業するまでに解決できないこともありうる。むしろ、防止委員会は学生が卒業するのを待っているようにすら思える。そうすれば、事件はなかったことにできるからである。T先生の場合には、もっと複雑な事情があった。対策会議を招集する権限は学長が持つという組織構造である。T先生に対するハラスメントは、和解条項違反に基づくものであるが、この和解を隠蔽し、結果大学の和解条項違反が横行する結果となった。この実行犯はT学長であり、また所属長のW研究科長も加担しているのである。

HPに書かれている対策会議の説明を読むと、
「対策会議は、次に掲げる者をもって組織する。
(1) 文学部長、公共政策学部長及び生命環境科学研究科長
(2) 附属図書館長、教務部長、学生部長及び事務局長
(3) 防止委員会から選出された者 2名(そのうち、少なくとも1名は女性とする。)」
となっており、研究科長の職にあるものが自分の非行を問題視するわけがない。裁判上の敗北的和解を保身のために隠蔽する体質が存在し、これが京都府立大学の構造的な問題なのである。
 本来であるなら、ハラスメント問題を扱う委員の長は、ハラスメント事案に限っては、学長と同じ権限を持った独立した立場でなければならない。そうした専任の教員が日常的に学生に対し人権教育を行い、また教員に対する啓蒙活動も行い、事件が発生したら権限を行使して迅速に対応するのが正しい組織運営であろう。

しかし、京都府立大学では、学長がハラスメントを行っても、業務上の必要性があると主張すれば、何でも容認されてしまうのである。学長は、人格権を確保し業務に支障のない環境を保証し、安全配慮義務の責務を負わなければならない。その学長が自ら業務環境を破壊したのである。このため、裁判に踏み切らざるをえなくなった。学生のみならず教員までもがハラスメントの犠牲となりうる組織運営と隠蔽体質が今回の事件を引き起こしたと言える。しかも和解条項に反して、ダイオキシン事件の犯人扱い(=冤罪扱い)をする無責任体質が根底にある。最高学府としての京都府立大学の和解条項違反のみならず、人格権を侵害するような行為を容認する体質の改善を求めるためにも、裁判は避けられない。


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ハラスメント大学

ほんま,京都の大学の恥ですなあ。
はよ,あやまりなはれ。

No title

史上最低、最悪な大学ですね。
子どもがいますが、こんな極悪非道な大学には絶対にいれません。
子どもの友達にも、教えてあげたいと思います。
Т先生は、人の痛みがお分かりになられる、人間としても本当に素晴らしい先生です。
子ども達には、Т先生の様な方に学んで欲しいと強く思います。
京都が好きでよく行くので、今度恐ろしい京都府立大学に是非皆で見学にいきたいと思います。
私に出来る事があれば、是非協力させて下さい。

見つけた

Yahoo!ニュースではないけど、飲酒事件のコメントがあるサイトに残っていた。
こういうのは記事よりもコメ欄の方が事実を書いている気がする。

思い出した

Yahoo!ニュースのコメント欄だった。
コメ欄だから内部から出てきた話だと感じた。
ニュースが消えたらコメ欄も消えちゃったみたい。

それでほとぼりが冷めたと思っているから、こんなことを起こすんだよ!

辞任しなかったの?

去年飲酒死亡事故があったときに学長が辞めるとかいう記事を見た記憶があったんだけど、、、

責任を取る気がそもそもないんだね、こいつら。

No title

大学のみならず、大人数のブラック組織も、下のこれにしかりです。

大学人事課の…

ああ…大学の人事課関連は,たしかに特別な配置が成されているようですね。

私が通っている大学では,頼みの綱のように見えるハラスメント相談室の室長が,次の人事(2~4年後)で人事課の課長になる,という出世コースの筋書きがあるそうですわ(先輩から聞いた話ですが,調べてみたら確かにそうでした)。

もちろん,揉み消し役と,学長や幹部達への報告役に適任の人みたいです。
特に加害者が教授の場合,訴えた弱者には,陰険な報復が待っている場合が多いそうですわよ。こわいですね~!

職員は見た

もう一つ

ブラックに於いては、「人事考課」は、人間関係を調べる為だけの道具です

ブラック幹部達の最終操作によって、真逆に、給料、昇給、賞与が調整されている事が普通にある事をお知らせします

大学の人格者!

大学では,人格者は煙たがられるので,出世するのは稀らしいね。

もしも,幹部が人格者ばかりの大学があったら,ぜひとも教えて欲しいものです!

もっとも,ワルは普段ヒツジの皮をカブってるんで,パワーorモラハラスメント被害者にでもなってみないと,真実は見えてこないものです。。。

形だけのハラスメント対策

私の知人の先生も訴えたよ,ただし学長に.
研究室の教授からハラスメントを受けたということで,学長に直接訴えたよ.
その学長は人格者で,教授とその先生と,研究科長を呼んで諭したということだった.
ただ,問題は研究科長だった.
中間管理職ということで,責を問われた研究科長はその先生の相談役になったふりをして不平不満をハラスメント教授に伝えていたとか.
結果は,言うまでもないよね.
自殺しなかったのがせめてもの救いだった.

ハラスメント問題は,最後まで責任持って対処しないとダメだよ.

江南颪

そういえば,甲南大学の件はどうなったん?

企業のハラスメント相談室に
相談も、無駄、無意味。
ハラスメント相談する者は企業にも、組織の厄介者。ハラスメント相談室は、厄介者を排除するために存在し、面倒なヤツを炙り出すのが、企業でもハラスメント相談室の重要な役目なのです。
ただ新世紀ユニオンが指導されるとおり、無駄で無意味でも、相談した証拠を残すのは、ものすごく重要です。

どこもかしこもパワハラだのセクハラだのがうじゃうじゃありますね。この世の中ほんまにどうなってるんですかね。

一斉燻蒸

ホント、文科省の担当官は、なにをやっとるんやろね~!

やっぱ、自民党の河野太郎先生に動いて頂くほか、ありません!

(妙案)学長は、学生の選挙で選べばいいと思います。
    ハラスメントを容認していたら、いっぱつアウトやさかいね!

いかがでしょう。

No title

既得権者の精神の腐敗ですね。
どこもかしこも日本中にこれが蔓延してます。まるで伝染病です。
白日の下に晒して、消毒する必要があります。

大学の現状

大学のハラスメント相談室に
相談なんぞ、無駄、無意味。
ハラスメント相談する者は組織の厄介者。ハラスメント相談室は、厄介者を排除するために存在するのだよ。面倒なヤツを炙り出すのが、ハラスメント相談室の役目。

大学はどこもかしこも、不正とハラスメントだらけ。保身の為に、皆、見て見ぬふり。

学長権限

たしかに、今の制度では“学長”がパワハラをやっても、大抵は許されますわ。

例えば、○山○科大のY学長は有名ですわ。
この人は、不特定多数の人前では飄々と物静かなんですが、反面、学長室とかの個室で、部下だけのときは独裁者に変貌するらしい。
“怒鳴り散らす”、“見下し、屈服を強要する”、“事件を捏造し、学生を利用してでも標的を叩きのめす”んだそうです(恐い~~!)。

Yは、相手を威嚇するために、初対面の部下にはかならず一度 “恫喝” するんだってえ。

独法化以降の学長は、金も人事も、やりたい放題。
つまり江戸時代の殿様以下で、独裁好きなパワハラ人間が学長の椅子に座りたがるようですよ。

当然、そこで育つ若手研究者は…、ですよ。
大学に勤めたければ、よ~く学長とその取り巻き幹部達のヒトトナリを調べてからにすべきですわよ。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード