モラル・ハラスメントが人も組織もダメにする理由!

日本でモラ・ハラと言う言葉が一般化するのは、企業がリストラするときに職業上の能力ではなく個人的問題を理由に人を削減しょうとし始めたことによる。肉体的暴力と違い精神的暴力は被害者の心が傷つくので、周りの人には被害が分かりにくいのである。

仕事をする情報を規制したり、職場の慣習を教えなければ人並な仕事は出来なくなる。あたかも被害者が能力が欠けるかのように演出したりする。モラ・ハラが職場ぐるみで行われることもある。専門職であるのに「仕事ができないように」され雑用係にされて、誰からも見捨てられたように精神的に追い込む例も多い。

加害者がグループで行われた場合、被害者は孤立感の中で深刻な事態に追いつめられる。加害者が上司で有る場合は誰からも助けてもらえないように感じ、孤立感は深い。職場でのモラ・ハラの行きつく先は「自己退職」もしくは「解雇」である。

経験が教えているのはモラル・ハラスメントを容認している企業では、贈収賄や横領事件が必ず起きていることだ。デマや嘘で同僚を精神的に追いつめるようになると、不正も不正と思わなくなるのである。医療機関や教育関係でモラ・ハラが多いのは比較的階級社会で有るためだろう。新人が多く標的になり、立場の弱い患者が標的になる例も多い。

モラル・ハラスメントの被害者は、最初は不眠・頭痛・食欲不振などの機能障害が起きる。意地悪を思い出すだけで涙が出たり、「落ち込む」など抑うつ状態になり、何もできなくなったりする。鬱病になった人がすぐ解雇されるのは、周りの人達には病気とは分かりづらく、怠けていると解釈される場合もあるからだ。

こうした場合家族の支えが重要です。職場でのモラ・ハラを是非家族や友人に相談してほしい。話すだけで心の負担が軽くなるからだ。ユニオンに相談し、闘った人は比較的うつ病を早く克服し、泣き寝入りした場合はうつ病を長く引きづる例が多い。

なぜモラル・ハラスメントを容認している企業や組織がダメになるのか?モラ・ハラの標的にされるのは職場で友人が少なく、真面目な人、慎重な人、変わった思考をする人が多いと言われている。組織の発展に必要なのは人材の多様性なのだが、モラ・ハラは人材の多様性を破壊するのである。モラ・ハラの加害者は自己愛型変質者が多く絶対的権力をふるい部下を操り、支配する形でしか信用できない、だから部下を精神的に追いつめるのである。モラハラの職場は社員にプレッシャーをかけて恐怖で強制労働させる。このような職場では人の出入りが多く結果企業の業績は悪化する。

モラル・ハラスメントを放置している企業や組織は「人も組織もダメに」なっていることを見て取るべきであろう。心を傷ついた労働者は、「一矢報いる」決意で闘争を挑んでほしいと願っている。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ほんまや~!
許しまへんで~!
トイレの中までも追いかけていきまっせ~!
覚悟おし~~!

やった者勝ちは,許しまへん!

あきらめたら,あきまへん。
今年も,戦略あるのみ!

鬼畜同然のモラ野郎供は,どこまでも許しまへんで~~!

奥に、一万倍返しですか?
目一杯、応援します!

No title

いやいや億万返しだー!おー!

No title

そうだー!
そうだー!
千倍返しだー!

やる気満々!

委員長と考え全く同じくです。「一矢報いる」どころか「百矢報いる」で闘います。頑張るぞ。オー!
(* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

現実は

現実はモラハラ、パワハラした者勝ちですよ。
大学、病院、企業どこでも。
裁判所もたいてい、権力側につく。
和解ったって、少ない額の金銭解決。

諦め勝ちだし傷は浅い、ですかね?
なんて世の中だ!

まさにその通り。真面目に働いている人がアホをみる。

モラハラ大学

委員長のおっしゃるとおり!

そういえば、甲南大学、大和大学、京都府立大学、○○大学・・・、みなモラハラが容認されたまま許されるのだろうか。。

予告

自らあえてブラック組織に闘いを挑む者がいる。
正義を貫く為に。
仲間の為に。
そんな人間に、もはや怖いものなど何もない。
「自己愛型変質者」には到底理解出来ないであろうが。
一線を超えた者の恐ろしさを思い知るが良い。

No title

ここに出ている病院や大学、会社がモラハラ組織なのですね。
僕はよく調べて就職したいと思います。
このブログにある病院や会社には絶対に就職しません。
大学の友達にも教えてあげようと思います。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード