教員や学生の安全を保障しない京都府立大学の無責任!

裁判での敗北的和解を隠蔽して、T先生をダイオキシン漏えいの犯人あつかいして、和解条項違反を重ね、団体交渉でも回答らしい回答が出来ずに不当労働行為を重ねた京都府立大学は、実は深刻なダイオキシン汚染の可能性を抱えています。以前の記事のコメントに質問があったので、回答を兼ねて以下に状況報告させていただきます。

京都府立大学は、ついにT先生の血中ダイオキシン検査の相談をしてこなくなりました。昨年度は12月半ばから(つまり2015年の12月半ばから)血液検査をしたい、早く予約しないと年度内にできない、と言ってきたのです。実際には2015年12月の初めにT先生は骨折していたため、年が明けた2016年1月のこの時期に血液検査を行いました。当時の管理課長の説明では、その時期がリミットだということでした。しかし、本年度は年が明けて1月の同じ時期になっても未だ日程調整の打診がないそうです。つまり、京都府立大学はT先生の健康・安全への配慮を放棄したということです。

団体交渉の場でW研究科長は誠意を持って今後も対処していくつもりだと発言し、血液検査も続けていくのだと言っていました。しかし、それが交渉の場だけの嘘であったことが判明しました。交渉を優位に進めるための発言であったにしても、発言した以上は責任を持たねばならないはずです。結局、血液検査のための予算が室内の汚染状況の検査でもなく他に流用されてしまうということは、T先生の健康どころかその部屋を使用する学生の健康も無視したことになります。

大学側の言い分としては、T先生から直接申し入れがなかったというのが大義名分でしょう。しかし、T先生は京都市上労働基準監督署を通して、まずは室内の汚染状況の検査をしてほしい、そのためなら自分の血液検査の費用を回してもらっても構わない、と伝えています。これは何度もT学長にお願いしたにもかかわらず無視され続けたため、やむを得ず労働基準監督署を通すことにしたのでした。

京都府立大は労働基準監督署から連絡がなかったと主張するつもりでしょうか?それでは労働基準監督署がサボっていたと主張するのと同義であり、労働基準監督署を敵に回すことになります。京都府立大学でも、労働法に抵触するような業務環境がないわけではないでしょうから、得にはならない策を取っていることになります。

 しかも、労働基準監督署を通じて伝えられたT先生の提案は、学生の健康の安全を保障するための検査の必要性を訴えているのです。それを無視するのは、学生の安全を確保する気がないとしか言いようがありません。団体交渉でやり込められた腹いせに、直接申し入れがないからという理由で血液検査はおろか室内のダイオキシン汚染の検査すら行うつもりがないなら、学生の安全を担保するべき教育機関としての立ち位置がわかっていないのでしょう。

コメント欄に投稿していただいた方の見解のように、実際には事件の前からダイオキシン汚染が存在することを大学の偉い方々は把握しており、それを知らずに検査を指示した職員のために汚染が発覚したのかもしれません。官製談合ならぬ官製汚染とはうまく言ったものです(この場合は汚染がないことにしていたのであれば、「汚染の隠蔽」が正しいかもしれません)。

団体交渉の場で、W研究科長は、過去にダイオキシンが発生しうる実験や研究を行った者がいるかどうかを問われて、「調査はしていない」と発言しました。農薬を使ったり防腐剤を使ったりする研究室があれば、ダイオキシン汚染が存在する可能性は否定できないにも関わらず充分な調査をしなかったことが明らかになったのです。現在T先生が使っている部屋は旧農場の部屋であり汚染が存在する可能性があるため、検査を嫌がっていることは以前の記事で書いた通りです。さらに、団体交渉の録音記録を聞き直してみると、W研究科長はT先生が何もかも悪いと考えていることが明らかになりました。現在法的手続きの準備中であるため、詳しくはここに書くことはできませんが、時期がくればブログで公開していきたいと考えています。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ご回答いただいていたんですね

わざわざコメントにもご回答いただいていたんですね。
ありがとうございます。

さて、官製隠蔽(やはりここは官製という言葉が必要ですよね)の本を見つけましたのでご紹介します。

「お役所」からダイオキシン―間違いだらけの環境政策への処方箋
上田 寿 (著)
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%8A%E5%BD%B9%E6%89%80-%E3%81%8B%E3%82%89%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%B3-%E9%96%93%E9%81%95%E3%81%84%E3%81%A0%E3%82%89%E3%81%91%E3%81%AE%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%94%BF%E7%AD%96%E3%81%B8%E3%81%AE%E5%87%A6%E6%96%B9%E7%AE%8B-%E3%82%AA%E3%83%95%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%89-%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E5%9B%9B%E5%85%AD%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC-%E4%B8%8A%E7%94%B0-%E5%AF%BF/dp/4882026538/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1487474501&sr=8-1&keywords=%E5%BD%B9%E6%89%80%E3%80%80%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%B3

意図的に調査結果を改竄したり、公開しなかったりするのはお役所の常套手段です。
安全のために是非とも開示を求めてください。

この大学とは別です!

 京都府立医大とこの大学は経営者(京都府)は同じですが、大学は別です。
 暴力団の幹部の収監逃れに嘘の診断書を出して、強制捜査されたり、製薬会社とつるんでデーター改ざんしていたのは京都府立医大です。
 同じ経営母体ですから体質も似ているかもしれません。少なくとも隠蔽体質は同じです。

なんだこの大学は!

こんな大学だから暴力団に違法な診断書を出すんだ!
道義的かつ倫理的責任を取れ!

良識は?

理系のある大学なら安全教育は徹底しているはずですが?
W研究科長って理系学部の長ですよね?
安全監督を怠っているように思えるんですが,良識はどこへ行ったんでしょうか?

すみませんでした。質問が曖昧で。親戚に聞くと関関同立の法学部か経済学部が第一志望だそうです。その方が就職に有利だとか。現役なので浪人する余裕があるので受かっても考え直すように言います。

受験生の関係者さんへ

進学の相談なら,予備校か高校の進路相談へ行きましょう。

たぶん,進学できるか?という意味じゃなく,安全か?ということでしょうが,質問の仕方が曖昧ですよ。

一応,安全か?という質問として回答すると,大学に問い合わせてもムダなので,どこかの政党にお願いして議会で質問してもらうしかないんじゃない?

親戚の子供が文学部を受験するんですけど大丈夫でしょうか?

変な大学

府立大学だからお役所が管理しているんですよね。
お役所体質かな?
でも研究課長は先生ですよね。
変な大学。

呆れるばかり

府立大、無責任だな。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード