本日、天心会小阪病院に以下の書面を送りました!

組合員・サポーターの関心の高い事案ですのでご報告いたします。
回答書への抗議文
貴病院平成29年2月16日付け回答書は欺瞞に満ちています。当ユニオンの組合員であり、パワハラの被害者A氏を事もあろうにパワハラの加害者のように扱い、しかも主任で、人事権を持たないA氏に「外注化を求めてきた」などと業務命令も出ていない事をさも既成事実であるかのように書いています。

A氏がやむなく長時間労働を余儀なくされる事態は、他の職員に長時間労働を行わせると「パワハラ」の加害者にされかねない下で、やむなく長時間労働を行っているものであり、それはO事務局長の言う「不適切な業務振り分け」では断じてありません。

貴病院のA氏への、面談の業務命令(2月10日付け)には「今後の保育所の運営、外注化に伴う今後のA氏を含めた保育スタッフの勤務の在り方と言う重要なものです。」(2月16日付けの当ユニオンへの回答書)との内容は一切書かれていません。やり方が詐欺的です。

ユニオンへの回答書には「本書面の写しは、A氏本人にも交付する予定である」と書かれていますが、21日現在本人には交付されていません。また院内保育所の業務委託と言う重大な事を書面で開示しないことは遺憾で不当なことであり、貴病院の詐欺的手法と言う他ありません。

2月16日12時45分ごろO局長とS課長が職場に来て、口頭でA氏に「平成29年3月31日をもって当保育所は閉鎖する」A氏には病院の他部署に移動するか、他の保育園に応募するように、との命令がなされました。このような重大な事を命じるのに書面もなく、また業務委託の経営上の必要性の説明もなく、決定事項のように口頭で通告することは断じて認められません。

新世紀ユニオンの組合員を排除するための「業務委託」と理解するほかありません。明らかに不当労働行為です。貴病院は「業務委託」の白紙撤回の上、当ユニオンに協議を申し入れるのが筋です。貴病院は当ユニオンには書面で面談の理由を「保育スタッフの勤務の在り方」と説明しながら、A氏らには2月16日に口頭で、3月31日で辞めるよう言うのは明らかに欺瞞的なやり口です。断固抗議します。

当ユニオンに対しO局長が「労使協議要求の趣旨が不明です。」と書いていますが、これはごまかしです。貴病院がまず院内保育所の外注化の計画の全要を当ユニオンに明らかにしたうえで、労使協議を行うべきだと、当方は主張しています。ごまかさないで頂きたい。

以上、当ユニオンは今回の業務委託についての説明書面が一切ない状況では、業務委託はA氏排除狙いの不当労働行為と判断するほかなく、断じて認めることはできません。以上通知する。




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

潰れてしまえ!!小阪病院!!

小阪病院の調理師全員集団解雇にあいました
今度は保育所か!!
いい加減にしろ!!

No title

小阪病院のブログの中は、今テレビで話題の全てのニュースの要素が入っている。
それが何を意味するか。
お楽しみに。

No title

毎日のように病院の不正について報道されているけれど、このブログにある小阪病院の内情を超える物はないと思います。
これが世間に広まったら、この病院は間違いなく大バッシングを受けるでしょうね。
精神神経科のすることではないですよ。
保育士のAさんを私たちは応援しています。

この病院のいう人間とは、一部の上層部と、その取り巻きだけなのでしょう。

No title

A氏を排斥するために院内保育所を業務委託にするとは本当に驚きだ。
今、便を袋に入れて持ち帰らせている幼稚園が国会で問題なっているが、この病院の方がもっと悪質である。
子ども達の生活の場を根こそぎ奪う行為は、人権侵害そのものである。
「日本〇ね!」と同じく「小阪病院〇ね!」と叫びたい。
今後も小阪病院の非道な動向を見続けたい。

内部事情

上層部に加担している者が他にも何人もいます。
公表したら驚きますよ。
その時が来たらお教えします。
お楽しみに。

No title

今ワイドショーを見ていて、この病院の事を思い出し、ブログを開きました。
小阪病院は、今方々で報道されている北〇鮮によく似ています。
A氏は、二人の正職員の保育士さんと上層部によって暗〇されようとしています。
こんな事が許されてよいのでしょうか。
首謀者、工作員もろとも公の場で裁かれるべきです。
市民が、国民が、もう黙っていませんよ。
今後の行方を、更に見守りたいと思います。

No title

通学路に近鉄奈良線の電車の中から高層の小阪病院の建物が見えます。
以前は何とも思わなかったけど、このブログを見るようになってから、この病院で、15歳の男の子が死に、保育士さんが、組織ぐるみのいじめに遭っているんだと、見る度に腹が立つようになりました。
気になって、僕も小阪病院のホームページも見ました。
笑顔でこちらを見て笑っている小阪病院の人達の顔を見て、背筋が寒くなりました。
そして僕も吐きそうになりました。
僕は、こんないじめをしたり、患者さんを死なせて平気な看護師に絶対になりません。
小阪病院は消えてなくなればいいと思います。

No title

小阪病院のホームページ見た.
「私たちは人間が人間らしい生活を過ごせることに貢献します」と書いてあった.
ここでも大嘘をついていると思った.
以前の誰かの書き込みにもあったが、反吐が出そうであった.

人権侵害はなはだしい病院

人間を人間とも思わないこの病院、本当に精神神経科なのでしょうか。
過去のブログも見て来ましたが、患者さんに対する対応も、誠実さが全く感じられません。
子どもさんの人権すら全く無視するこんなやり方、世間に公表するべきです。
人権侵害にも程があります。
絶対に許してはいけません。

壮絶、絶句

ただ言葉を失います。ここと、もう1つの病院、そして何とか研究所。
お互い頑張りましょうとしか言えません。とにかく応援しています。

No title

この病院のやり方は卑怯、不道徳極まりない。
A氏への個人攻撃の為に「業務委託」というカードまできるのである。
異常すぎる。
保育所の利用者である子ども達、保護者まで切り捨てる...人間を人間とも思わないこの行為が許される訳がない。
徹底的に追及する必要がある。
小阪病院の「理念」を見て驚いた。
高らかにうたう「理念」とは真逆な、狂った異常な現実がここにある。

No title

嘘をつくと、その嘘を隠す為に、更に嘘をつかなければなりません。
そんな事がいつまでも出来る筈はなく、一つ嘘がばれると音を立てて全てが崩れ落ちます。
小阪病院は嘘を重ね過ぎて来ました。
Aさんに切り込んで欲しいと応援している職員、元職員が大勢います。

なるほど

さすが元職員さんだけあって、小阪病院の内部に詳しいですね。
しかし病院というところは陰謀うごめく、ドロドロした人間の暗部のはきだめの様なところですね。
ここだけに限らず。
ヒエラルキーのトップに君臨するドクターの多くが色や欲にまみれてしまっているからでしょうか。
いや元からそういうモチベーションでドクターになる人が多いからかな。
世の為人の為、医は仁術みたいなドクターにはテレビや小説の世界でしか出会えないのだろうか…。

狙いは別にあるのでは?

 何年か前の病室の窓ガラスを割って転落死した「自殺」事件と関係あるのでは?あのときの階の責任看護師は確かいまの事務局長では?あのときの目撃者を次々狙い撃ちしているように私は思うのですが?
 院内保育所の委託は追い出しの口実だと思います。本当の狙いはAさんのまっすぐな気性が誰かさんには脅威なのではないかなと思います。推測ですが?

病院側の狙い

年末に団交にも参加させていただいたご縁もあり、ずっと心配しながら興味深く見守っていました。
しかし病院が何故あそこまでしてAさんを辞めさせたがっているのか、その真意が分からなかったのですが、結局保育サービスのアウトソーシング、経費節減という事なのですね。
Aさん本人とも直にお会いさせていただき、極めて常識をわきまえた優秀なかたである為、病院を辞めさせる本当の理由をつかめませんでした。
しかし企業の合理化の一貫としてのリストラならば、労働組合として断固闘うべき。
Aさんを解雇する目的でこれまで出してきた訳の分からぬ解雇理由などの不当労働行為も含めて、徹底追及すべきです。
小池百合子に頼んで、百条委員会開いてもらいたいくらいだ!

No title

他にも壮絶ないじめが沢山ありました。
近々公表できそうなのでその時に。
A氏にエールを送ります。

No title

小阪病院は、かつて給食課にも同じ事を行った。
業務委託による突然の集団解雇であった。
その時の事を含めて小阪病院を追及する良い機会である。
何度同じ事を繰り返し、職員の人生を、そして、その家族の人生をめちゃめちゃにすればよいのか。
恐ろしい病院である。

No title

小阪病院は裁判で恥をかきたいんやね

悪質な分断策ですね

 小阪病院はAさんとユニオンに違う対応をしていますね。Aさんには3月31日で辞めるようにいい、ユニオンには「勤務のあり方」に内容を変えています。

 誰が見てもAさんとユニオンの間に矛盾を起こさせ、Aさんを業務委託で排除する計画です。

 これは委員長が言うように不当労働行為です。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード