甲南大パワハラ事案・調査報告書の提出命令申立書を提出!

甲南大学の非常勤講師のAさん(女性)は韓国語のキム教授からパワハラを受け、体調を崩し、退職に追い込まれましたが、2度と同じ被害者を出してはいけないと決意し現在裁判を闘っています。新世紀ユニオンの組合員・サポーターの関心が非常に高い事案ですので、現在の裁判の進行状況を報告します。

今年2月17日付けで、原告(Aさん)代理人は大阪地裁第16民事部に「文書提出命令申立書」を提出しました。先にAさん(=元講師)は書面で大学に「私の訴えを受けて調査委員会が調査されたと推察します。私も何度もヒアリングに応じています。その調査報告書を開示して下さい」と書面で求めていました。

これに対し甲南大学の「回答」は「個人情報が多数含まれております。このため、個人情報の第3者提供の問題が生じますので開示することは出来ません。」と書面で開示を拒否しています。ふつう法人内のパワハラで調査委員会の報告は、申立の本人には開示されます。パワハラの被害を受けた本人の情報を開示しないことは、大学が隠蔽体質であり、加害者の教授を擁護しているとしか取れません。加害者のキム教授と被害者以外の名前が出るなら、その名前を黒ぬりで開示すればいいことです。これは個人情報保護法は関係ないことです。

先に甲南大学は裁判官に「新世紀ユニオンがブログに書くので、書面は出さない」と書面の提出を拒否する発言をした。甲南大学は労働組合の争議宣伝が被害者のAさん支持なのが気にくわないのである。何もかも隠蔽してごまかそうとする、こうした甲南大学の無責任な態度が、キム教授がパワハラを繰り返す原因なのです。大学は第三者のフリをしてキム教授側の書面で反論するのを傍観するかの対応を取っています。これは「管理責任の放棄」と批判されても仕方がない対応です。

いずれにせよ甲南大学は「調査報告書」の存在を認めているので、また本パワハラ事案の重要書面であるので、原告は裁判所に「文書提出命令」を申し立てた。合議の3人の裁判官が提出命令を出すのは確実で、この調査報告書が提出されれば、甲南大学がきちんと調査したか、それともキム教授擁護で偏った調査をしたかが明らかになるであろう。またキム教授のパワハラも明らかとなるかも知れない。以上報告です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

秘密

甲南大学・・・
知ればしるほど恐ろしい大学ですよー

Aさんが、これ以上ひどいことをされないといいのですが・・・

K教授の過去の事件も、みんなーー
甲南大学が関係しているとしか思えませんね。

非常勤講師が一人で戦える相手ではありませんが、だからこそ、頑張って下さい…
応援しています。
みんなが、この件を見守っています。

氷山の一角を何とかすべし

なぜ、K南大学が、K教授をかばうのか?

それは、おそらく、第二第三第四…の、K教授がいて、もしもK教授の有罪を認めたなら、第二第三第四…を放置してきた、K南大学の責任が問われるからだと思いますよ。そして、聞くところによると、ここの執行部にパワ●の前科教授が交じっているらしい。

文科省に通報しても無駄です。
文科省は、あちこちの事情をなんとなく知ってますが、日本国の科学の発展のため、弱肉強食もやむなしと、知らんぷりをしているようです。
なにせ、ここよりも酷い、地方の国立大学法人が幾つもあるんやから。

それらもみな自己責任、いざとなれば尻尾切りと、野放しにしているようですわ。

まあ、K南大学の場合、事態を動かせるとすれば、OBが徒党を組むとか、神戸市の議員さんとかやろか。

のぞき見

噂を聞いてきましたー。
ブログをはじめから読ませて頂きました。

最後まで負けずに戦って下さい!

Aさんの裁判の結果次第で、これからいろいろなことに影響してくると思います。

お国の偉い方たちは何しているのですかねー。
文科省も・・・大学の事情をきちんと把握しないと。

もっと公になってもいいと思います!


甲南大学は共犯者

甲南大学が変わらないと、職人や教員も
変わりません。

大学という立派な組織が、弱い者いじめしているのと同じです。

このようなニュースは本当に吐き気がします。

人間、悪いことしていても
権力があれば守られているのですね。

韓国ドラマでよくあるあるーですね。

甲南大学はブラック大学

甲南大学は、変わりませんね。
過去にも被害者たくさん出ています。
みんな、泣きながら辞めていったけど…

K教授はこれからも変わりません。
本人はきっと悪いとじっとも思っていないはず。
そして、大学が庇うのだから…
Aさんもお気の毒に…

次、また誰か新しいターゲット、被害者が
出ること間違いないでしょう。

こりないねー甲南大学は本当…

今回の結果、楽しみに待っています。
委員長、最後まで教えてくださいー。

甲南大学も共犯です。

 甲南大学の隠蔽体質は誰が見ても明らかですね。調査報告書の内容が続報で明らかにされるのを楽しみにしています。たしかに改ざんの可能性があります。今頃あわてて作成しなおしているかも?
 甲南大学の無責任な隠蔽体質が韓国語のキム教授のパワハラを促しているのですから、共犯者だと思います。

ブラック大学の典型的な成り行き

K南大学が、調査報告書に修正を施し、あたりさわりのない書面にして、後日しぶしぶ提出してくることが予想されますね。
猶予を与えると、組織ぐるみの隠蔽体質が加速することでしょう。それはそれで、見物です。もしも、Aさん側に録音記録があれば、どうなるでしょうね。

すでにK南大学は、さわぎを起こしたAさんの方を厄介者扱いにし、はやく揉み消したいと、いま躍起になっているはずです。

委員長のおっしゃるように、こういう大学では、教授はパワハラやり放題ですし、大学は学生目線でも、弱い立場の講師や助教でもありえませんから、窮地に追いやられても、救われないことが見え見えです。

しかしこうした大学は、非道な行為を平気でやり続けているのですから、いずれ淘汰される運命にあるでしょう。世間の噂とは、こわいものです。

Aさんは、K南大学への復帰よりも、それなりの慰謝料をいただいたのち、さっさと他の、清浄な大学を探されるべきでしょう。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード