現在私が研究していること!

新世紀ユニオンで団体交渉しても、まともに回答もせず「答えられない」を連発したり、経営者が出てこず、ブラック社労士が出てきて何も答えない、しかも後から嘘の回答書を送りつける。またユニオンが就業規則の開示を求めても開示しない。酷いのになると団体交渉で合意したのを、組合員本人を職場でつるし上げ鬱病にし、団体交渉の合意を潰す。また組合員を排除するため事業の外部委託を組合と協議せず決定する、などの不当労働行為が目につくようになりました。

新世紀ユニオンは今まで交渉で解決できない場合、裁判で決着を付けてきました。しかしあまりにも不当労働行為が目につくので、裁判と並行し労働委員会に不当労働行為の救済申し立てをしていくことを考えています。

労働委員会の救済申し立ては労働者個人でも、労組でもできるので活用していこうと考えました。労働委員会は各府県で手続きが違います。例えば大阪では申立書面・証拠は7部づつ提出します。しかし兵庫県では2部づつでいいのです。各府県ごとの申し立て手続き、書面の書式などを調べておかねばなりません。

こうした調査・研究に協力してくれる組合員を募集します。地労委の決定を研究し、どのような事案で活用できるか?等を調べたいと考えています。地方労働委員会への申立ては、裁判と違い弁護士を使わなくても、ユニオンでできるので今後活用していきたいと考えています。悪辣な企業には裁判と地労委の2段構えの闘いを行いたいと考えています。

組合員で社労士資格を持つ方、労働運動の経験を持つ組合員、さらにはこの機会に勉強したい組合員、で地方労働委員会の研究に協力できる方は委員長まで御連絡下さい。研究の任務分担をしたいと考えています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

質問(追記)

途中で投稿ボタンしてしまいました。
ユニオンには裁判に加え申し立てで宣伝のネタが増える、つまり武器が増えますね。
しかし、それでも勇敢に突き進むウルトラブラックな使用者がいるのでしょうが。。。

質問

非常に良い提案と思います。使用者には手間と弁護士費用が二重にかかるので負担が大きいでしょう。

質問です。
裁判が始まってからでも、申し立ては出来ますか?判決が出るか和解が成立した後は出来ないと思いますが。
時効か期限で1年というのがあったと思いますが、不当労働行為から1年が経過しても影響(団交拒否して以後もずっと応じない、減給や配転されたまま、解雇され撤回しない)が続いていれば申し立て出来るという規程も、併存していたようにも思います。
どちらが正しいのでしょうか?

No title

とても良い御提案だと思います。
賛同したいです。

No title

是非やりたいです!!
ブラックの為に尊い命を落とす事の無い世の中にしたいです!!
沢山の組合員の参加を呼びかけたいです!!

No title

大賛成です!!!
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード