甲南大学事件、原告側の陳述書を提出しました!

 被告の甲南大学側はキャンパスハラスメントを認めているが、しかしハラスメント調査委員会の「調査報告書」を開示していない。現在原告は文書提出命令書を裁判所に提出しているが、甲南大学はキム教授側が判決まで争うなら提出する旨表明している。つまり和解(=金銭解決)なら開示しないということである。

 これに対し韓国語のキム教授側はハラスメントをいずれも否認し、全面的に争う構えであるが、その根拠は労働契約下にあるのだからキム教授の指揮命令を聞くのは当然で、不法行為はなかった、韓国語を朝鮮語と言った事を理由にして「10分ぐらい怒鳴り続けた」ことも否定している。原告を非難するメールを他の先生たちに送付したことも「業務上の必要性が認められる」と正当化している。

 今回陳述書を提出した証人のB先生は、パワハラは甲南大学のためにもなくさなければならないと証人に立つ決意をした勇気ある女性の先生である。この陳述書はキャンパスハラスメントを全面否定しているキム教授の主張を打ち砕く決定的内容で、その赤裸々な陳述書が示しているのは甲南大学が加害者のキム教授を擁護してきた姿勢の誤りを明らかにする内容でもある。

 例えばキム教授が、多くの先生が「過去に辞めていったこと」忠実でないなら「辞める勇気を持たなければならない」という趣旨の発言をしたこと。各非常勤講師が模擬授業をすると、キム教授のコメントは授業内容とは関係の無いもので、大勢の前で教師の癖を指摘して恥をかかせるようなものであったこと。キム教授の言動が高慢で、とても威圧的で有ったこと、突然マーカーを放り投げるなどするので、キム教授と働く多くの非常勤講師が「多大な恐怖心を抱いていた」こと。

 この勇気ある証人の登場で長年非常勤講師にパワハラを繰り返してきたキム教授が敗訴することは決定的となった。原告のAさんは判決を望んでいるので、解決金が高額なものでない限り、裁判官が考えている和解が成立する可能性はなくなった。

 新世紀ユニオンは、この裁判終了後甲南大学にキャンパスハラスメントの防止策について団体交渉を申し入れる予定である。甲南大学がこの交渉に応じ、ハラスメントの再発防止策に協力すればこのブログの甲南大学関連の記事を削除する予定である。この団体交渉は証人のB先生(女性)の安全確保をも目的にしている。大学がこの団体交渉を拒否すれば第2、第3の訴訟を闘うことになり、甲南大学関連のブログも残る事になるであろう。以上組合員サポターの皆さんへの御報告です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

隊長

大学の裁判は少し特殊。普通の労働裁判とは違う。 同じ職場の人が陳述書を書くことは本当に勇気がいること。感謝、感謝です。Aさん、がんばれ!

陳述書に対する被告の反応が楽しみだ。
パワハラ魔の問題は、自信がパワハラをやってない。と勘違いする人間が多い。裁判を通じて反省してもらいたいものだ。

トラ焼き

パワハラは、本人のキム教授も
大学も、学長も共犯です。
何度も同じ教授がパワハラできる環境に
しておくのは、みんなの共犯です。
甲南大学、落ちてます。
しっかりして下さいー。

陳述書の先生はすばらしい!

 パワハラを受けた人は精神的な打撃で、とても証拠を取ることができません。そんな裁判に職場から陳述書を書くことは本当に勇気が要ることです。
 こんなすばらしい先生が甲南大学にいるなら、学長はこの先生を教授に抜擢し(パワハラ教授を更迭し)大学からパワハラを一掃する決意を示すべきです。

No title

長年のパワハラ教授
反省もしないまま和解は許されません。
簡単に終わらせないでほしいものです。
次に被害者がもうでないよう心から祈っています。
パワハラはいけません。

No title

勇気のある先生が立ち上がった。この先生に感謝したい。
陳述書は裁判上かなり武器になる。
学校側の解決姿勢に期待する。

敗訴した時の反響が楽しみ。

 和解をしないで最後まで闘ってほしいです。大学は早く終わらしたいようですが、被告側が敗訴して、大学がキム教授を処分するところまで見届けたいです。

No title

あのさ、金泰猫かだか、銀泰虎だとかいう教授が、駄々こねて和解しないっていってんでしょ。大学は和解するっていってるのに。だったら、大学が金泰猫だか銀泰虎だかいう教授を説得するなり、懲戒に付すなりして解決するのが「大学」としてのつとめだよね。「いや~説得が難しくて」とかいう大学だったら、教授の不正さえ正せない大学っていうことだよな。ましてや学生の教育なんか無理だって。学生たちはもちろん、高校の進路指導の先生たちも、こんな大学には見切りつけたほうがいいよ。ていうか、いま甲南大学を勧めるような進路指導していたら、あとで訴えられるかもよ。近大にしとけばよかったとか、関学にしとけばよかったのに、こんな大学を勧められたとかいわれてさ。

不思議

甲南大学のこの訴訟に興味をもって読んでます。ずっと不思議に思っていることがあるんですが、なぜこんな問題をおこす教授を大学はここまでかばっているのでしょうか。ふつう、もっと厳しい処置がとられるものだと思うのですが・・・不思議です。弱みをにぎられているのでしょうか・・・?だとしたら、どんな、誰の?今世間を騒がせているM学園にも裏がありそうですが・・・、甲南大学のこの事件もいろいろと隠れていそうに思います。

No title

こういうパワハラ、セクハラ問題のとき、実は勇気ある証人が鍵を握るんですよね。だいたいの場合、自分のくびを心配して、証言してくれないことが「弱者の処世術」になってさえいるからです。Bさんは素晴らしい方です。こんなに素晴らしいBさんを、もしも甲南大学が「雇い止め」にするのなら、甲南大学は目に見えて衰えていくでしょう。
きれいなキャンパスとミッション系のイメージは、K学院の陰になってますし、近畿大ほど攻めているイメージもないし。ましてや、正義のために立ち上がった教員を雇い止めするとしたら、もうアウトですよね。現実に、今年の甲南大学の志望者は激減しているみたいですし。こんなパワハラ教員を全学体勢で守ろうとする大学に進学する学生がいたら、むしろかわいそうでさえあります。がんばれAさん、がんばれBさん。お二人の勇気で、甲南大学のような間違った経営の大学に進学する犠牲者(犠牲となる学生)が減ることは、大きな意味で日本の大学にとってプラスです。

最後まで

Aさん、もう少しですねー。
Aさんと同じように、和解ではなく、判決を望んでいる元講師の1人です。最後まで頑張って下さい。
白黒ハッキリ出来る日が待ち通しいです。
応援だけですみませんが、応援しています。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード