新世紀ユニオンへの加入を希望する方へ!

最近数名で加入したい、との希望の相談が何件か入るようになりました。そうした人の考えは、自分たちの組合が御用化し、賃金が上がらないので新世紀ユニオンに闘ってもらおう、という虫のいい話です。私はそのような相談には「自分たちで闘うなら、新世紀ユニオンに加入すれば指導しますよ。」と答えることにしています。

自分たちは闘う気はないが、ユニオンが代わりに闘ってくれるなら加入する、というのでは労働条件の改善等できるわけがありません。小数派組合が労働条件の向上を勝ち取るのは、当事者が指導骨幹となって、戦略を持って、組織化で多数派を形成していく困難を遂行する強い決意が必要です。

現在、新世紀ユニオンは解雇事案やパワハラ事案等を多く抱えており、したがって「賃金を上げたい」と言う希望にこたえる余裕はありません。しかし自分たちで闘う決意があるなら指導することはできます。他人任せ、組織丸投げでなく、自分たちで闘うので勝利的に指導してほしいというのなら、新世紀ユニオンは加入を歓迎します。

私は、長く労働運動を研究し、実践してきたので、労働運動の指導には自信がありますが、他人になり変って闘いを請け負うことは出来ません。労働運動を学びたい、自分たちで闘いたい、という方は大いに歓迎します。また自分の雇用を守りたいので必要な知識を学びたい、という方も歓迎します。

日本の労働者が行うべき最初の決断は、自らを労働組合に組織すること、既に加入している組合があるなら、その組合を闘う労組に変えるために骨幹を組織して闘うべきです。自分が楽して賃上げしてもらいたいから加入したい、というのは間違いです。他人任せで賃上げ等できません。自分自身が闘わねばなりません。

新世紀ユニオンは「闘いたい人」の団結体なのです。決して「闘わない人の」の団結体ではないのです。労働者は団結しないと社会的弱者として劣悪な労働条件を余儀なくされます。自分で闘う決意を固めて新世紀ユニオンに加入を申し込んでください。そして仲間とともにこの社会をいい方向に変えていく決意をして欲しいと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

新世紀ユニオンは用心棒ではありません。加入して守ってもらおうと考えていると落胆するかもしれません。組合員個々に置かれている状況が違いますし、雇用保全か賠償請求など求めている最終目標も違うでしょう。自分自身がどのような結果を欲しているのか?そのために日々どのような生活をする覚悟があるのか?常に自分に問いかける必要があると思います。私も経営サイドのつまらない嫌がらせに弱気になり、くだらない相談メールをしてしまいますが、角野委員長は笑って「大丈夫。この場合はね…。」とすぐに返信をくださいます。自分が戦う覚悟が出来ていれば、これ以上の味方はいないと思います。加入はあくまでも自分が主体で戦う事が前提です。自分や家族の生活を人任せにするのなら初めから媚び売り人生に徹した方が良い。

他人任せ、組織丸投げは要らん

つまり賃金を‘もらう’ために働いている類と思います。
賃金は‘稼ぐ’もの。組織に(正当、合法的に)貢献して儲けさせ、還元させるものです。労働運動は、そのためにあります。
貢献せず、ただ在勤してるだけで賃金を上げて‘もらい’たいだけの人は、ユニオンにも職場にも要らんというのが私の信念です。

No title

他人任せで賃上げ等できません。
仰る通り。自分自信が先頭に立って闘おう。

他人任せ、組織丸投げ

他人任せ、組織丸投げは、よくいる。
自分で闘わないで解決はない。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード