多忙のため電話相談の方にご迷惑をおかけしています!

専従役員が1名であるため、争議事案が増えていることもありユニオンを留守にすることが多く、電話相談の方に迷惑をおかけしています。裁判の打ち合わせ等で十分に無料電話相談に対応できなくなっています。

現在解雇に直面している人、退職勧奨を受けている方等、この間2名の方の「事務所を訪問したい」とのことでしたが、こちらがユニオンを留守にすることが多く、ご迷惑をおかけしています。

会社から「辞めるよう」退職を促されている方は、今後上司との面談をICレコーダーで録音(隠し録り)すること、「辞めるつもりはありません」とはっきり断ることが重要です。

会社に嫌悪され退職を強要されている方は、できるだけ証拠を残すように、自分への攻撃については有印の書面(コピーを取ること)で回答すること、面談は録音すること。できるだけ早くユニオンに加入して対策を取れるようにして下さい。

パワハラを受けている方は、これも録音の隠し撮りが重要です。自分がICレコーダーで録音できないときは、同僚に携帯で録音して貰うようにして下さい。

最近、職場で大勢でつるし上げ、精神的打撃を与えたうえで「明日から来るな、来ても金は払わない」と即時解雇を行い、泣き寝入りさせる手口が増えています。このような時はすぐユニオンに相談して下さい。気を付けなければならないのは退職金は受け取らないこと、保健証・鍵・制服等を返却しないこと、(返却すると解雇を追認した事になる可能性があります。)

多くの方が「許可を得ない録音は違法では」と質問してきます、中には「連合で相談したら隠し録音は違法だからするな」と言われた、と言う人さえいます。自分の面談を録音するのはメモを取るのと同じで違法ではありません。裁判所は隠し撮りの録音を証拠として認めています。

雇用を守るうえで一番は、早めにユニオンに加入し、必要な知識を学び、解雇に備え、解雇を回避するノウハウを学ぶことです。解雇になってからユニオンに加入するよりは、早めに加入しておけば必要な証拠が残せるので雇用を守る確率は高くなります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード