本日、裁判の打ち合わせで保健師さんと会いました!

いつもは健康そうで生き生きしている保健師さん、今日は風邪気味だそうで体調を崩しているとか、元気がありませんでした。裁判を闘いながらパートのアルバイトで生活をしのぐ大変さに疲れているようでした。

裁判自体は、被告の田能老人福祉会の書面提出が遅れ、しかも内容が愚劣で論理的に成り立たないもので、試用期間の延長の通知書がなく、その事を指摘すると「不当な言いがかり」と毒つき、試用期間が満了しているのに原告の「協調性の欠如」を指摘する等お粗末極まりない書面です。協調性がないならどうして試用期間を終了したのか?理解しがたいことです。

しかも退職強要のつるし上げの録音を「会見の模様は、原告が無断で録音したレコーダーに基づいているが、かような会見を相手方に無断で密かに録音すること自体がフェアーなやり方とはいえない。」と批判し「価値は極めて希薄である。」と述べて、あたかも原告が歪曲しているかの主張である。

しかも口頭による解雇通告が「試用期間の終了」という形で行われたことから、原告が裁判に及んだことを「訴権を濫用」していると断じている。実際には被告弁護士が口頭での間違った解雇通告を取り繕うため、あろうことか2回目の解雇を「無断欠勤」の口実で行ったことは見え見えで、お粗末極まりない内容である。原告の内容証明に回答もできなかったくせに、解雇の正当性を主張するとは被告側書面としてはお粗末としか言いようがない。

しかも今回の裁判とは関係のない原告の10年前の裁判書面を持ち出して、原告があたかも騒動をこのんで起こすかのように描いている。この弁護士は10年前の裁判が得点になるとでも思っているかのようだが、誰が見ても「フェアーなやり方とはいえない。」そんな訳で、裁判は原告優勢なので心配いらない、とAさんを励ましました。被告側の10年前の嫌がらせとも言える書面の証拠提出が、Aさんの「心の古傷に塩を塗りこめる」嫌がらせであることは明らかです。

被告の田能老人福祉会の意地の悪い即時解雇と、その陰謀が破綻したことを取り繕う被告弁護士の筋立てが自己矛盾しているので勝利判決は疑いないとみています。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

会社が原告にとって納得のいかない解雇したから訴状を提出したんだろうが。誰が裁判を好んでするか?
弁護士たるもの、今回の解雇が正当だったと、キチンと証明すべきだろ。争点を変えるな。原告側は録音で不当解雇を主張し証明している。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

頑張れ!

原告の10年前の裁判書面を持ち出して、退職強要のつるし上げの録音をとる行為を批判するしか反論しようがないんでしょうね。争点と全く関係ない。

会社も会社ですが、弁護士もどうしようも無いですね。弁護士もビジネスでやってるんだろうが、この反論はないね。正義感のない弁護士は恥ずかしい限りです。

しかし裁判を2度した人が、なぜ騒動を好んでする?になるのか不思議。
この弁護士は裁判を起こした人が悪いと言っているのか?誰が高い弁護士費用を払って好んで裁判をする?弁護士は裁判制度をバカにしてるとしか思えん。考えを改め直し書面の撤回を求める。

被告の馬鹿げた反論

保健師さん、裁判を戦う事は本当に心労あるかと思いますが頑張って下さい。

被告が主張している10年前の裁判は、本件裁判とは何も関係ないのは明らかに言いがかりだ。
録音についてもアンフェアーと主張しているようだが、パワハラを証明するには録音をするのは当たり前の話で弁護士が、このような事を書面で提出してくるあたりで、弁護士のレベルがうかがえる。

心配しないで。裁判官も正しい判断を下すはず。
しかし被告側弁護士も酷い書面を出すものですね。びっくりしてます。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード