女性が子育てしながら働き続けられるようにせよ!

大阪の(株)ナニワ計算センターのAさんは2人目の妊娠を上司に報告するや、社長が怒鳴り散らし「退職届を書け」と合計11日間ももの間、長時間の退職強要を受けた。その間労働局の相談窓口に2回、監督署にも相談している。相談を受けた職員はマタハラ事案であることを確認しているのだ。結果Aさんは重いうつ病を発症した。

ところがナニワ計算センターの弁護士はパワハラをすべて否定し、労働基準監督署も労災認定の申請を却下した。録音の証拠がないからである。日本には経営者が妊娠を理由とするマタニティー・ハラスメントの退職強要を禁止する法律がない。重いうつ病になった結果、Aさんは3週間も早く出産することとなった。

うつ病になって1年半、Aさんのうつ病は治癒していない。この5月末には休職期間も切れる。傷病給付も切れた。会社が退職扱いするのは時間の問題となった。労災の再審査請求が行われたので結果が出るまでにはあと数カ月かかる。安倍首相の「女性が活躍できる社会」とは、女性が子育てしながら働けない社会のことなのか?バカにするにも程がある。

日本がなぜ少子化社会となったのか、それは保育所が少ないだけではないのだ。妊娠して退職を迫られた女性はたくさんいる。妊娠を理由とする退職強要のパワハラを処罰する法律が必要である。妊娠を理由にパワハラを受けて重いうつ病になっても救済を受けられないのが今の日本なのだ。これは明らかに政治の怠慢である。

女性労働者の多くが非正規雇用であること、賃金も安いこと、妊娠すれば退職を強要され、働き続けながら子育てできる環境が日本にはないことが問題なのだ。女性労働者には人間らしく子供を生み、育てながら働くという基本的な生き方すら難しい時代なのだ。そうした経営者の強欲の結果日本は次世代の後継者すら不足することになる。

ナニワ計算センター社長の、女性社員へのひどい仕打ちには腹が立って仕方がない。Aさんの症状が改善し、可能になれば団体交渉をナニワ計算センターの社長に申し入れることにしている。新世紀ユニオンは原則本人抜きの団体交渉はしないので、Aさんのうつ病が回復しだい交渉を申し入れることにします。団体交渉がきまりしだい交渉委員を募集します。

Aさんを公的機関が救済せず、会社も償いをしないのであれば、我々には報復する権利がある。それは正当防衛権であり、犯した罪にたいする罰は等しく受けるべきであるからだ。この会社の代理人弁護士も汚い、パワハラを全否定し、労災が認定されないよう、あたかも業務上のトラブルであるかの偽装を指導した。弁護士が違法行為を指導することが多くなった。弁護士に対しても何らかの反撃が必要な時代であることを痛感している。(誤解を避けるために付け加えるが、ここで言う「制裁」は合法的な労組の宣伝として行う。この宣伝では社長名や弁護士名を公表する予定である。ただし他の団体や組織が行う制裁・抗議行動には我々は関知しない。)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ちょっと待ちましょう(?)

Aさんは闘って勝たなければいけない、しかし会社の不当極まりない行為で重い鬱病を発症させられ、苦しんでいる。生活設計も必要だ。
Aさんは、会社と会社の行為による鬱病という二つの敵と闘わなければならない。負担が大き過ぎる。
Aさん頑張れ、だけでは、本人の負担が大きすぎる。委員長はそこに配慮し、団体交渉申入れの時期を慎重に考えられていると思われる。
むしろ私は、Aさんの精神的苦痛を増やさず、組合員として何をすればAさんの勝利に貢献出来るのかを考えたい。
遠方からですが、組合員として可能な限りの支援には協力したいです。

 妊娠したら退職届けを書けとは!

 女性社員が妊娠したら怒鳴りつけて「退職届を書け」とはひどいですね。
 それも11日間も長時間パワハラを続けうつ病になったのなら傷害罪です、刑事告発したらどうですか?
 委員長さんが腹が立つのもわかります。実名でのビラ宣伝に期待します。
Aさん頑張ってください。

この会社、大阪の恥やな。

パワハラを業務上のトラブルにすり替えるやり方は弁護士の常套手段ですね。やり方が汚すぎる。
この事案は絶対に許す事は出来ない。見て見ぬ振りは出来ない。
プロフィール

m.kadono

Author:m.kadono
一人でも入れる労働組合「新世紀ユニオン」ではリストラ無料相談を行っています。
平日:9:00~18:00
土日祝:12:00~17:00
(土日祝と17:00以降は要予約)
Tel:06-6452-5833
Fax:06-6452-5677

!!お気に入りに追加!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード